HGUC ガンダムMk-III

ガンプラレビューです。今回はHGUCの「ガンダムMk-III」。

f:id:wrx-sti:20211128120452j:plain

キットはプレミアムバンダイ限定販売で現在は販売されていませんが、人気キットの一つなので再販はあると思います。1/100スケールの方でしたらRE/100シリーズ

で購入可能。HGUCとは若干アレンジが異なりますが、コチラも作りやすい良いキット。HGUC版は先行して一般販売された『ガンダムビルドダイバーズRE:RIZE』にて登場した「ガンダムゼルトザーム」「ガンダムテルティウム」と一部パーツが共有されています。まあ、どちらも物語ではガンダムMk-IIIをベースとしたガンプラって設定でしたしね。

ガンダムMk-IIIの初出は『Z-MSV』シリーズで、デザインは藤田一己氏。「ガンダムMK-II強奪で得られた技術的データを基に開発された機体」という設定でガンダムMk-IIで採用されたフルムーバブルフレーム構造をさらに進化させ、人体構造に限りなく近いムーバブルフレームを採用しているのが特徴点。百式Ζガンダムより少し後に開発された百式の後継機的ポジションの機体の一つ(もう一つは百式改)で、少数ながら量産されエゥーゴの月面方面における重要拠点防衛に配備されたようです。製造されたガンダムMk-IIIのうち8号機とされる機体は赤い対ビームコーティング塗装が施され、クワトロ・バジーナ大尉が百式から乗り換える予定でしたが、諸般の事情でメールシュトローム作戦には間に合わず、大尉が戦闘中行方不明になった為に搭乗していません。もし仮にガンダムMk-IIIが間に合っていた場合、クワトロはシロッコハマーンを撃破もしくは撃退していた可能性も高く、そういう点では「歴史が変わっていたかもしれない」MSでもあります。

さて、そんなガンダムMK-IIIのキットの解説。今回も基本は素組み、一部部分塗装、スミ入れとアンテナのエッジのシャープ化、気になる部分のみ合わせ目消しも実施しました。

まずは正面から。

f:id:wrx-sti:20211128120632j:plain

当時「尖っていた」とされる永野デザインよりもある意味で「さらに尖んがった」デザインである藤田デザインの真骨頂ともいうべでスタイルが特徴のMSです。細身でシャープな外見で同時代のMSとも一線を画するデザインなので、当時も賛否両論ありました。

f:id:wrx-sti:20211128120614j:plain

背面。当時の藤田デザインの特徴の一つが極端に大きなリアスカート。ガンダムMk-IIIではサブジェネレーターの冷却系が搭載されていたようで、スカート基部には武装をマウントしてエネルギーチャージできるハードポイントが設置されています。メインバーニアは表面をガンダムマーカーのメタリックグレーで塗装、内部はガンダムレッドゴールドで塗装しました。胸部のダクト内もそうですが「放熱する部分は金色の耐熱コーティング剤が使われていたのではないか?」という独自解釈で部分塗装。バックパックに装着されているテールスタビライザーは合わせ目が目立ったので合わせ目消しを実施しています。

f:id:wrx-sti:20211128120623j:plain

武装であるビームライフルはキットでは2種類用意されていてアサルトライフル的なコチラと

f:id:wrx-sti:20211128120559j:plain

ショットガン的なコチラが用意されていました。ただ、これ公式設定のビームライフルではなく、元はHGBD-Rの「ガンダムテルティウム」に用意されていた武装なので、どうしても公式設定のビームライフルを持たせいたという事ならHGUCの「デルタガンダム」かHGBFの「百万式(メガシキ)」から流用すると良いでしょう。

f:id:wrx-sti:20211128120458j:plain

今回はHGUCの「デルタガンダム」から流用してみました。ただ、グリップの部分がデルタガンダムのマニピュレーター専用部品になっているので、融通性ならHGBF「百万式」から流用した方が良いと思います。

f:id:wrx-sti:20211128120444j:plain

特徴的な細長いシールド。先端にはビームサーベルが2基マウントされており、ビームクローのように使う事も可能。また、火器の使えないコロニー内部や月面都市での格闘戦を考慮して先端に打突攻撃用のアキュートが装備されています。ここも指示はありませんでしたが、ガンダムマーカーで部分塗装してみました。

f:id:wrx-sti:20211128120549j:plain

バックパックにはビームキャノンを2基装備。百式Ζガンダム開発で得られた小型高出力ジェネレーターの恩恵もあって、かなりの重武装が施されています。これらはティターンズアクシズの重武装MSに対抗したものと考えられますね。

f:id:wrx-sti:20211128120529j:plain

ビームキャノンの砲身は取り外してハイパービームサーベルとして使用可能。この辺りはほぼ同時期に開発されていたZZガンダムと同じです。

f:id:wrx-sti:20211128120518j:plain

かなり細身なMSですが、武装の方は結構エグいレベルの重武装化が行われていました。まあ、これでもアクシズ系列のガルスJやズサやドライセンザクIIIと比べたら全然軽装なんですけどね。出力重量比は極めて良好だったことから、フルアーマープランも設定されています。

さて、キットの方は最新のキットですので当然作りやすく、テールスタビライザー以外はそれほど目立った合わせ目もないので初心者の方でも楽しく組み立てる事が出来るでしょう。いくつか気になった部分について書きます。

f:id:wrx-sti:20211128120756j:plain

まず関節の軸パーツなんですが、これが結構細くて強度的に少し不安になるレベル。結構動きも渋いので無茶な動かし方はしない方が良いでしょう。特に足首は要注意。

f:id:wrx-sti:20211128120537j:plain

関節の可動範囲はそこそこには広いんですが関節が渋いので、無茶なポージングは控えた方が良く、特に足首の可動範囲はデザイン上の制約からかなり狭いです。宇宙用MSでもあるので、アクションベースなどあればカッコいいポージングが可能でしょう。

f:id:wrx-sti:20211128120816j:plain

テルティウム制作時に苦戦した胸部と腹部の「合い」ですが、このキットでは問題なし。商品開発としてはコチラが先行していたのかな?各パーツの「合い」もテルティウムより全然良くなっていました。胸の上面の合わせ目は目立たないようにはなっていましたが、どうにも段差が気になったので合わせ目を消す加工をしています。まあ、接着して400番くらいのスティックヤスリでアタリを付けたら、600番くらいで整えてあとは磨き用のスポンジヤスリを使って磨いていきます。今回はゴッドハンド社製の「神ヤス!」の磨きセットを使用しました。

これは結構便利なアイテムです。あとはダイソーで買った

f:id:wrx-sti:20211128120719j:plain

「ネイルポリッシャー」も使用しましたが、コチラはサイズが大きいので細かい部分の合わせ目消しには向いていないので、大物パーツのゲート跡の処理に使いました。

僕のガンプラブログでは「フロントスカートの分割」ってよく書くんですが、人によっては「ナンジャラホイ?」な部分だと思うので、そこも紹介。

f:id:wrx-sti:20211128120736j:plain

バンダイのロボット物は大抵フロントスカートアーマーがこういう構造になっているので、赤い塗料でマーキングした部分をニッパーでぶった切ります。キットによってはノコとか使って綺麗に切りますが、ボールジョイント形状ならどうせ目立つ部分ではないので思い切ってぶった斬って良いでしょう。

f:id:wrx-sti:20211128120656j:plain

部分塗装の強い味方、ガイアノーツ社の「フィニッシュマスターR」。

部分塗装ではみ出た部分をこれを使ってレタッチします。先端にガンダムマーカーの消しペンの液を湿らせてはみ出た部分を拭き取りしたり、デカールを貼る際に使用したりと便利なアイテム。芯の部分が少なくなってきたので、新しいの買っとかなきゃ。

f:id:wrx-sti:20211128120507j:plain

色々と「昔ちょっとね」的な技術も使って作ったので思った以上に時間はかかりましたが、楽しく作業できました。まあ、新しいキットは道具もそこそこあれば結構楽ですね。

さて、次はもう少しくらい手がかからないはず?のコチラ

f:id:wrx-sti:20211128120438j:plain

を制作します。なんかインコムユニット(笑)が大雑把そうで嫌な予感もしますが・・・。少し作業ペースを上げないと先日再販になったので注文したコチラ

が着弾するのと、弟に頼まれて買ったら自分も欲しくなって注文したコチラ

f:id:wrx-sti:20211120183814j:plain

も着弾しちゃうんだよなぁ(^^;;