ATって選択も「アリ」(新型BRZ試乗その2)

今日は近所のスバルディーラーで新型BRZの試乗をしてきました。

f:id:wrx-sti:20211107191415j:plain

先日乗ったのは6MT、今回は・・・

f:id:wrx-sti:20211107191355j:plain

なんと6AT。色々と噂では「今度の6ATは凄い」と聞いていましたので、結構楽しみな試乗。

お昼まではダラダラしつつ読書していたので、お昼過ぎに家を出て近所のディーラーへ。

f:id:wrx-sti:20211107191451j:plain

コーヒー飲みつつ・・・

f:id:wrx-sti:20211107191437j:plain

誓約書を記入。基本、「お得意さま特典」で顔パスのディーラーなんですが、やはりBRZとなると無茶する人がいるのかしら?まあ、ともかく試乗スタート。

f:id:wrx-sti:20211107191425j:plain

まずは大きさ比較〜。愛機「白豚饅頭号」と比べるとほんと小さいっていうかコンパクト。ライト部分の盛り上がりが見切りになっていて、前方視界は極めて良好です。着座してみるとシート位置も低く、それだけでも「やる気」が出てきました。

f:id:wrx-sti:20211107191305j:plain

今回試乗したのはベーシックグレードの「R」。上級グレードの「S」との違いはシートヒーターが無いこと、タイヤが17インチであること、シートが本革ではない、メーターバイザーの加工がないなどがありますが、基本的なスペックは同じ。まあ、タイヤなんて換えちゃえば問題ないし、シートだってフルバケなりリクライニング型のセミバケを入れるんならこっちの方が都合が良いので全然気にならない部分。ただ、思った以上に標準シートの出来が良いので、シートを換えるかどうかは悩みどころになるでしょう。

f:id:wrx-sti:20211107191257j:plain

正直、好き嫌いが一番別れるのがリアのデザインだと思います。ダッグテールって若い人は好きだけど、僕らの世代なら「おっきいスポイラー」の方が萌える要素なので、最初は抵抗感がありました。まあ、最近は見慣れてきたし、デザイン的には違和感はないと思います。おっきな羽を付けたいって思ったら、ディーラーオプションでGTウイングがありますが、あれはお値段がエンドレスキャリパー&ローターをセットで買えるくらい「ビックリな商品」なので、そこに投資するくらいなら、僕が購入するとしたら実利を取ってエンドレスのブレーキキットを入れるでしょう。ディーラーオプションでエンドレスキャリパーキット設定してくれないかなぁ。いや、マジで。

さて、コクピットへ。

f:id:wrx-sti:20211107191405j:plain

前方視界は良好、デジタルのメーターも分かりやすい配置になっていて違和感はありません。ステアリングにスイッチいっぱいですが、右側がメーターディスプレイの切り替えやアイサイトの操作関連、左側がオーディオの操作系となっています。ATなのでマニュアルモード用のパドルスイッチがステアリング裏にあり、右側がシフトアップ、左側がシフトダウンの操作用パドル。インプレッサフォレスターのパドルスイッチレバーと比べるとレバーの位置がステアリングを握った場所からでも操作しやすかったので、この辺りは高ポイント。本革の小径ステアリングも手にフィットしやすく、触り心地も良かったです。

f:id:wrx-sti:20211107191346j:plain

フラットなダッシュボードのセンターコンソールは上からエアコンの吹き出し口があり、その下がカーナビ、一番下がエアコンの操作系。他のスバル系とは逆の位置にあるスタートボタンはちょっと慣れが必要でした。ゲート式のATレバーはシフトノブの感触も良く、操作性も良好。パーキングブレーキは電動パーキングではなく、サイドレバーを引く方式なのもスポーツカーとしては必須な部分なので嬉しかったですね。

んでまあ、実際に走ってみた訳ですが・・・

これがメッチャ面白い!

ともかくトルクフルでスムーズな加速、そして「変速ショックって何ですか?」ってくらいスムーズなシフトチェンジ、高級セダンのATの様な上品な味付けに感動しました。それでいて、スポーツカーとしての味付けもしっかりされていて、マニュアルモードでの変速操作にもダイレクトに反応するので運転がめちゃくちゃ楽しいです!そして、シフト操作をしなくて良い分、余裕が生まれて今回の試乗ではBRZの「軽さ」も堪能できました。6MTだとVABの物と比べてクラッチのミートポイントが全然違うし、重さも全然違うので戸惑っている間に試乗が終わっちゃうんですよねぇ。とにかく軽くてノーズの入り方も自然だし、かといってフラフラする感じもなくリアは安定しているので「意のままに操る」感覚が本当に楽しかったです。今まで「スポーツカーにATってどうなんだろう?」なんて思っていましたが、それが自分の思い込みでしかないっていう既成概念をぶっ壊されたのはある意味で快感でした。

これ、買うなら6ATじゃね?

ってホント思いましたもん。それくらい感動できるATです。サーキット持っていくならATFクーラーとブレーキの強化は最低限必要でしょうが、普段走りならこれで全然オッケー。いやむしろアイサイトついてるし、長距離ドライブも楽で良いんじゃね?ってくらい新型BRZのATはオススメできるクルマになっていました。

f:id:wrx-sti:20211107191326j:plain

試乗後のエンジンチェック。FA24エンジンは本当にトルクフルで下の回転からスムーズに加速し、且つ高回転領域まで噴き上げる「現代のスポーツカーエンジン」。あと、不思議な感じなんですが、前回の6MT車の試乗の時は直噴エンジン特有のガラガラ音が聞こえたんですが、今回試乗した6ATの方ではあんまり気になりませんでした。この辺りはATがスムーズに加速・減速してくれているので気にならなかったってのもあるのかもしれませんね。

f:id:wrx-sti:20211107191319j:plain

NAエンジンなので普段補器類ギッシリのEJ20ターボを見慣れた目からするとエンジンルームは結構スカスカな感じでしたね。ブレーキのペダルタッチも凄く良かった。

f:id:wrx-sti:20211107191335j:plain

そしてビックリなのがボンネットの開閉レバーです。最初わからなくていつもの場所を探っても手がスカってなって「?????」な状態でしたが、説明を受けて「え?これ??ここにあるの???」って感じに驚きました。

f:id:wrx-sti:20211107191312j:plain

いやぁ、これ本当に今回の新型BRZは「ATもアリ」ってくらい素晴らしいクルマに仕上がっています。MT派の方も実際に乗ってみたら色々既成概念をぶっ壊されて面白いでしょうね。

これでPCDが114.3ならなぁ・・・。

ってのが唯一の残念ポイント。それ以外は満点に近い内容でした!

楽しい試乗後は夕食の買い物を済ませて、ひとまず休憩してから給油と洗車。

f:id:wrx-sti:20211107191247j:plain

洗車機に突っ込むだけですが、念入りにフルオプションで洗っております。

f:id:wrx-sti:20211107191241j:plain

ピカピカ〜♪気持ち良かったので、前橋あたりまでドライブしてから帰宅。

さて、来週は夜勤なので遅めの晩御飯食べてコチラの続き

f:id:wrx-sti:20211107191505j:plain

を夜なべしようかな。