RG シナンジュ(ガンダムベース限定版)

先日ようやく完成したRGシナンジュのレビューです。

f:id:wrx-sti:20210822104122j:plain 

 『機動戦士ガンダムUC』にて主人公の宿敵として登場するフル・フロンタルが搭乗したMSで、主人公機ユニコーンガンダムと同様にサイコフレームが機体の各部に装備されており、圧倒的な機動性と戦闘力が印象的なMSでした。今回製作したのはガンダムベース限定版で整形色がグロスメタリックになっており、フロンタルの「ギラギラ感」が余計に目立っています。

まずは正面。

f:id:wrx-sti:20210822103937j:plain

f:id:wrx-sti:20210822104145j:plain

フル・フロンタルという人物に対しる好き嫌いの感情はともかく、パッと見でもカッコいいMS。HGUCシナンジュ・スタイン(ナラティブVer)の時にも書きましたが、カトキハジメ氏のデザインした「ガンダムのようでガンダムではないカッコいいMS」という点はトールギスと共通する孤高の格好良さを劇中で際立たせていました。


www.youtube.com


www.youtube.com

さて背面。

f:id:wrx-sti:20210822104111j:plain

RGらしく凝った作りになっていますが、その分重心が後ろよりで立たせるのは結構大変(^^;;

関節も意外に緩くて膝から崩れて後ろに倒れがちです・・・。

f:id:wrx-sti:20210822104101j:plain

今回、ちょっと凝った取り組みとしてメインのバーニアをガンダムマーカーのレッドゴールドで塗装してみました。これはうまい感じで決まったと思います。

f:id:wrx-sti:20210822104051j:plain

重心の問題はありますが、可動範囲は流石のRG。装甲スライドによるビームサーベル展開ギミックも見事に再現しています。サーベルそのものはサイズの都合上、収納状態とグリップは別パーツで再現。

f:id:wrx-sti:20210822104043j:plain

この他にもビームトマホーク用のエフェクトパーツも付随します。

f:id:wrx-sti:20210822104017j:plain

f:id:wrx-sti:20210822104032j:plain

武装ビームライフルとシールド。シールドにはビームトマホークとグレネードランチャーが取り付けられ、ビームトマホークは劇中の展開状態も再現可能。HGUCでは差し替え式でしたが、RGでは軸回転ギミックを使って差し替えなしでの再現でした。グレネードランチャーは設定通りビームライフルに取り付け可能。劇中で使用していたバズーカはこのキットにはついていません。脚部のスラスターユニットは展開可能、各部装甲も連動可動でスライドするRGならではのギミックがてんこ盛りでした。その割に作りにくいという事はなく、パーツを綺麗に切り離せば割とサクサクと組み立てられます。アドバンスドジョイントは相変わらずでしたけど。

他のキットとの比較。まずはHGUCシナンジュとの比較から。

f:id:wrx-sti:20210822104005j:plain

HGUC版は可動域こそRGには及びませんが、キットの出来自体は今もって素晴らしくシナンジュらしさを上手く捉えています。バックパックの軽量化もされていて、ちゃんと自立するのも魅力。股関節や肩関節などシナンジュ・スタインから移植したリニューアル版を希望したいですね。全体の印象としてはHGUC版の方がスレンダーで、RGの方はマッシブな印象。作りやすさという点はゲート処理が結構大変でエングレービングが全てシールのHGUC版よりは、アンダーゲート方式でエングレービングが全て別パーツで構成されているRGの方が案外組みやすかったりする部分はありました。

続いてHGUCシナンジュ・スタインとの比較。

f:id:wrx-sti:20210822103945j:plain

内蔵フレームのためか、スケールは同じなのに全高はHGUCよりRGの方が高くなっています。これはユニコーンガンダムνガンダムでも同様でしたのでRGの特徴の一つ。やはりスタインと比較してもHGUC版の方がスレンダーでRGはマッシブな印象

f:id:wrx-sti:20210822103956j:plain

ある意味で兄弟機であるユニコーンガンダムとの比較。デストロイモードでもシナンジュの方が一回り大きいんですねぇ。こうやって並べてみるとシンプルな格好良さのユニコーンとギラギラとした格好良さを持つシナンジュとで好対照になっているのが分かると思います。

さて今回の制作、意外に大変だった事も・・・。

いつも通りRGを組む際にはアドバンスドジョイントを慣らす作業があるんですが、脚部のフレームを切り離して組み上げ前に慣らそうと動かしている時に違和感が・・・。

f:id:wrx-sti:20210822104301j:plain

連動するアームの一つが外れてしまい、なんとかはめ直そうとしたんですが、軸が変形していたのでやむを得ず修復作業を実施。まずは変形した軸を切断し、接続部と軸の位置をピンバイスで穿孔。

f:id:wrx-sti:20210822104233j:plain

f:id:wrx-sti:20210822104331j:plain

穿孔した穴位置が間違っていないか確認をしてから真鍮線で軸打ち後、連動ギミックが復元しているか可動確認をしてから瞬間接着剤で軸を固定しました。外れている事に気がついた時には

ミギャァアア!

って変な悲鳴が出てしまいましたが、そこからは何とか冷静に修復できたと思います。まあ、最悪はバンダイに部品注文って手段もありましたし。アドバンスドジョイントはRGの「ウリ」ではあるんですが、組む際には結構気を使いますね。組み上げた後の連動確認は必ず実施しましょう。

まあ、そんな苦労はありますが組み立て自体はそれほど難易度が高いわけではなく、むしろよく考えられたパーツ構成で結構サクサク組み上げられます。色分けは完璧だし、金メッキのモールドも別パーツ化されているので、組み上げた際の格好良さも格別。金メッキのパーツは基本的にはアンダーゲートになっていますが、所々ゲート跡が目立つ部分が出来てしまいます。そこはガンダムマーカーの「レッドゴールド」があれば容易にレタッチできるので問題ありません。組み上げた後でゲート跡が目立つようなら、処理をしてからマーカーでレタッチすれば良いでしょう。塗料がはみ出してもフィニッシュマスターRがあれば綺麗に拭き取りできます。

金の発色は単品のガンダムマーカーのゴールドよりアドバンスセットのレッドゴールドの方がメッキとのマッチが良い感じでした。

 このフィニッシュマスター、ほんと重宝しています。部分塗装もこれがあると便利。

さて、シナンジュに対する蘊蓄は以前にも書きましたので省きますが、このMS中々のキャラの「立ち具合」で魅力的な機体ですので興味を持たれた方にはコチラの資料

 がオススメ。更にはデザイン的な面でコチラ

もおススメです。原作版とアニメーション版の相違点も色々確認できて面白い内容でした。

今回「シナンジュも作ってみたいけど品薄だしなぁ」って思っていたら手配してくれた横浜の友人に感謝です。どこかでお返しをしないと。

さて、せっかくシナンジュを作ったのでお付きの親衛隊も作んなきゃなぁってことで次回作はコチラ

を制作スタートしております。本当はローゼン・ズールも組んでみたいんですが、中々手に入らない状態が続いていますので、色々落ち着いたらアキバかお台場に遠征ですね。

バンシィからRG連作になったので、ガンプラはしばらくHGUCをマッタリかな。

ともかくも、まずは「つみ」から消化です。

ゆるされよ、ゆるされよ。われらの「積み」をゆるされよ。