RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン

さて、本日は2連投です。ガンプラレビュー「RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン」。『機動戦士ガンダムUC』にてリディ・マーセナスがクライマックスで搭乗したユニコーンタイプのMSでした。バンシィはその2号機になります。

f:id:wrx-sti:20210613200819j:plain


www.youtube.com

バンシィの初登場は『ガンダムUC』第4巻「重力の井戸の底で」のラスト、大型MAシャンブロで暴走するロニを止められなかった事で失意の中にいるバナージと、シャンブロを撃破しユニコーンを捕縛しようとするリディの前に上空から降下しつつデストロイモードへ変形するというセンセーショナルなシーンでした。

『UC』第4巻は連邦・ジオン双方ともMSVのオンパレードな内容ですので、未見の方はぜひ。世の中『ハサウェイ』上映と同時に『UC』ディスってる人達が吹き上がっていますが、僕は両方とも好きなので『UC』も推していきます。

ちなみに1号機はラプラスプログラムやデストロイモードに稼働時間制限のリミッターがかけられていますが、2号機バンシィはその両方ともなくデストロイモードでの稼働制限がないので操縦するパイロットの生命があるかぎり戦闘可能な、まさに「ニュータイプを殺すハンティングマシーン」。基本的には強化人間専用で最初のパイロットは「プル・トゥエルブ」ことマリーダ・クルスでしたが、その後に改修を受けてリディが搭乗する事になります。ちなみに例えパイロットが死亡してもその意識がサイコフレームに残っていれば残留思念だけで動き続けることが出来るってヤバさは『UC』の後日談となる『機動戦士ガンダムNT』でも描かれていました。

コホン、それではキット紹介。基本的には素組み、一部パーツはスミ入れ、ゲート跡はガンダムマーカーでレタッチしました。

まずは正面。

f:id:wrx-sti:20210613201029j:plain

ユニコーンモードの正面では1号機との差異は頭部のアンテナのみになります。

f:id:wrx-sti:20210613201001j:plain

背面。バックパックに追加されたアームドアーマーXCが1号機と異なる点。ニュータイプとしての能力ではバナージに見劣りするリディの為にサイコフレームを増設して機体との親和性を強化してあります。AMBACの作動肢としても使えるので、ユニコーンモードでの運動性も強化されました。

f:id:wrx-sti:20210613200926j:plain

更に背面にはアームドアーマーDEを装備。バックパックに装着してシールドブースターとしても使用可能。シールド先端にはハイメガキャノンも装備されています。

f:id:wrx-sti:20210613200942j:plain

f:id:wrx-sti:20210613200829j:plain

この装備方法だとキットの方は自立が不可能でした。アクションベースは必須となります。

f:id:wrx-sti:20210613200909j:plain

f:id:wrx-sti:20210613200842j:plain

武装は1号機と同じくビームマグナムですが、火力強化のためにリボルビングランチャーを増設。補助火器として幾つかの弾頭とビームジュッテが装備可能でした。キットの方はビームジュッテの方はパーツ差し替えで再現となります。

続いてデストロイモード。

f:id:wrx-sti:20210613200804j:plain

背部のアームドアーマーXCが展開して獅子の立髪の様な姿に。写真は股関節のサイコフレームが展開していません(ごめんなさい!)が、当然展開可能です。

f:id:wrx-sti:20210613200753j:plain

赤いカメラアイもあって、劇中では禍々しさというか狂気というか、EXAM以来の「対ニュータイプ戦専用機」としての雰囲気がバンシィのキャラを立たせていました。カッコいいんですけどね。

f:id:wrx-sti:20210613200729j:plain

デストロイモードの背面。基本的には1号機と同じですが、やはり展開したアームドアーマーXCが目立ちキャラが立つようになっていました。ちなみにこのXCは単なる追加サイコフレームとしてだけではなく、AMBACの作動肢としての機能もあります。キットの方は1号機だとビームサーベルユニットが接続されている部分なので、重量の都合上若干グラグラしました。気になる方は軸に瞬間接着剤を塗って軸を太くしても良いですが、それをやるとユニコーンモード⇔デストロイモードの変身がちょっとしんどくなるので、ほどほどが良いかと。

f:id:wrx-sti:20210613200550j:plain

アームドアーマーDEも展開すると内部のサイコフレームが露出するようになります。劇中で1号機はシールドをファンネルの様に使ったり、『NT』ではDEを2基装備した3号機フェネクスもファンネルの様に使っていましたが、バンシィではそのような使われ方はしていません。まあ、ニュータイプとしての能力が劣っていた為とされていますし、ネオ・ジオングとの最終決戦時にはDEを除装して通常のシールドに戻していたのでそういう使い方をしなかったのですが、そこから後にリディの「覚醒」がある点がバンシィの魅力でもあります。

f:id:wrx-sti:20210613200719j:plain

1号機ユニコーンガンダムとの比較。あ、しまった、これ両方とも股関節のサイコフレームを展開し忘れている(ごめんなさい!!)。こうやって見ると、バンシィの派手さとシンプルであるが故にキャラが立っているユニコーンの差異が興味深いですね。

キットの組み立てはRGとは言えユニコーンも2機目なので、それほどストレスなく組み立てられました。ユニコーンと違ってバンシィは全身の多くが濃いブルーなので細かい部分のスミ入れをしなくて良い点も楽ですね。注意点としてはユニコーンの時にも書きましたし、RGのキット全体に言える事ですが、アドバンスドジョイントが非常に硬いので、馴染ませる為にグリグリと動かす必要があること。今回、肩関節の馴染ませ作業が少なかった為、肩関節がかなり硬い状態で完成させてしまいました。後でバラして馴染ませ作業をもう1回やらないと。この作業、正直手が痛くなるんですが、これをやらないと本当に動かない状態&他のパーツを壊してしまう事になるので必須の作業です。あと、RGは各部位が組み上がったら必ず可動確認とギミック確認を行ってください。これを怠ると組み上がった後に「あれ?この余ったパーツなんだっけ??」とか「なんでギミックが動かないのかなぁ???」なんて事になります。部品が細かくポロリも多いので必要なら干渉確認や他のギミックに影響がないか確認した上で接着しても良いでしょう。今回は頭部のアンテナ部分のカバーについては接着しました。

劇中、バンシィとリディの立ち位置はあまり良いものではありません。最終章では「真のヒロイン」とも言うべきマリーダを殺すわけですし・・・。ですが、その展開は小説版『機動戦士ガンダム』で描かれた展開のオマージュとして涙なしには見れません。小説版『ガンダム

では戦闘中にシャアの呼びかけに応じて停戦しようと動きを止めたアムロガンダムをルロイ・ギリアム中尉のリックドムがビームバスーカで狙撃し撃墜しちゃうんです。アムロは戦死し、その意識は拡散して様々な人々の元へ行く(当然自分を殺したルロイに対してもアムロは責めたりせず優しく「君は兵士としてやるべき事をやったんだ」と声をかけます)んですが、その後に停戦が成立して母艦へ帰還中にルロイがリックドムコクピットの中で泣きながら言う

「俺は取り返しのつかない事をしてしまった」

は凄くリディとオーバーラップするんですよね。福井さんはそう言う部分が本当に上手いんだよなぁ。

機動戦士ガンダムUC』の主人公はバナージ・リンクスという少年であり、主役メカはユニコーンガンダムですが、一方の主人公としてリディ・マーセナスバンシィ・ノルンも重要な立ち位置にあるので、僕は『UC』の物語を追いかけるうちにバナージよりリディの方が好きになりました。

ラスト、コロニーレーザーを受け止めるシーンで真の覚醒を果たすリディとバンシィ。そのシーンを思い出しながら組み立てると感慨もひとしおです。

ラプラス宣言後のリディの後日談についてはブルーレイ特典の小説をコミカライズしたコチラ

がありますので『UC』ファンなら一読をお勧めします。 

さて、次はコチラ

となります。RG二連投!って大丈夫か?まあ、ゆるっとやりましょう(^^;;