HGAC ガンダムサンドロック

ガンプラレビューです。今日は『新機動戦記ガンダムW』より「ガンダムサンドロック」。

f:id:wrx-sti:20210414182556j:plain

地球に降下したガンダム5機の1機でコロニー社会でも大富豪であるウィナー家の御曹司カトル・ラバーバ・ウィナーが搭乗しました。カトルのテーマと言えば


www.youtube.com

「屍に埋もれた平和を探して」ですね。36機のマグアナック隊を率いての壮観な初登場でした。劇中では主人公機のウイングガンダムよりも活躍して、第17話「裏切りの遠き故郷」でデュオとトロワを宇宙に打ち上げる為に殿軍を務めて自爆。その際、残骸を密かにマグアナック隊が回収し再生され、第36話「王国崩壊」にて復活。その後は宇宙用の改修を受けた「ガンダムサンドロック改」となり、物語の最後まで活躍しています。第17話で自爆する際、死を覚悟を決めたカトルに「降りろ」と言わんばかりにシールドをコクピット前にかざしてハッチを開くシーンは涙ものでした。

サンドロックは5機のガンダムの中では近接白兵戦向けの機体ですが、指揮官機としての側面もあり、あの独特の頭部は各種通信システムや広範囲を索敵できるセンサーシステムを搭載している事も一因です。指揮官機であり、更にはコロニー経済界の重鎮の御曹司が乗る事もあって、装甲は5機のガンダムの中でもずば抜けており、某スパロボでは初期値ですが機動性ならνガンダム、装甲はマジンガーZ並みというバケモノレベルのスペック(ただし特性が地上なので宇宙での戦闘では改修するまで能力補正がかかり性能が低下する)で、ウイング系ではヒイロ以外だとトロワと並んでカトルのサンドロックも重宝しましたね。

コホン、ではキットの紹介を。まずは正面。

f:id:wrx-sti:20210414182737j:plain

プロポーション的には大河原邦夫氏が描いた設定画よりも劇中の作画のイメージに振ってあるので、かなりヒロイックな体型になっています。工作は基本的に素組みですが、ランナーのゲート跡の処理やシールではイマイチな部分はガンダムマーカーを使ってレタッチ&塗装しました。

背面。

f:id:wrx-sti:20210414182705j:plain

背中にはシールドがマウントできるようになっていて、劇中ではあんまり使わなかったクロスクラッシャーも再現可能。主武装のヒートショテールもマウントできます。

f:id:wrx-sti:20210414182725j:plain

顎のチンガードの張り出しのせいで面長に見えるフェイスですが、上手くまとまっていて結構なイケメン。ウイングガンダムよりもイケメンでした♪頭部のアンテナは先端を加工して若干細くしてあります。

f:id:wrx-sti:20210414182548j:plain

OP風のポーズ。こうやって見るとサンドロックって当時は全然思わなかったけどイケメンですよね。


www.youtube.com

キットの可動範囲は極めて良好で、劇中の印象的なポーズはほとんど取れました。

f:id:wrx-sti:20210414182638j:plain

ヒートショテールを振り下ろしたポーズもバッチリ決まります。

f:id:wrx-sti:20210414182624j:plain

腰の部分にはギャンでも採用されているフレームごと腰を持ち上げる構造が採用されているので、前に向かって大きく屈むポーズも問題なく取れました。

f:id:wrx-sti:20210414182616j:plain

思いっきり前に屈ませても一応自立します。

武装は二振りのヒートショテール。

f:id:wrx-sti:20210414182652j:plain

一応、近接防御用にバルカン砲が頭部にありますが、ほとんど使わなかったんじゃないかなぁ。胸の上部に誘導ミサイル用のランチャーがあり、それはたまに使っていたような・・・。

f:id:wrx-sti:20210414182524j:plain

ハンドパーツも豊富で、いわゆる「あざとい握り方」用のハンドパーツもあります。

f:id:wrx-sti:20210414182539j:plain

f:id:wrx-sti:20210414182532j:plain

刀身は赤熱化した状態をクリアパーツで再現していました。シールドは腕部に装着可能。劇中では目眩しの発光システムが装備されていて、そこはシールで再現されています。

組み立てそのものは難しくなく、作りやすい構成や考えられたランナー配置で色分けもほぼ完璧。サイドスカートのスラスターの内側など一部シール再現な部分はあり、ちょっと違和感があったのでガンダムマーカーを使って塗装しました。劇中だとカトルの生真面目なキャラやメンバーの支援役って立ち回りなので、地味な機体のイメージですが作ってみると案外とヒロイックな感じや良好な可動も含めて作っていて楽しかったです。フェイスがイケメンだったのは驚きでしたね。

ただ、作っていて失敗も・・・。最初に胴体から作り始めるのですが、胸部を組み上げる際に力を入れたら爪がパーツの薄い部分を押してしまって

f:id:wrx-sti:20210414182759j:plain

ウギャァーーー!orz

な状態に。最初はガンダムマーカーで誤魔化すだけにしようかとも考えましたが、それはそれで何だかなぁって思ったので、タミヤパテを使ってえぐれた部分を修正し、接着剤を使ったコーティングで乾燥を早めてからスティックヤスリとカミヤス

を駆使して整形し、ガンダムマーカーで塗装したのが下の写真。

f:id:wrx-sti:20210414182842j:plain

よく見たら、まだえぐれているんですが、とりあえず誤魔化せました(^^;;

皆様もパーツの取り扱いにはご注意ください。爪もこまめに切らなきゃ。

さて、引き続いても『ガンダムW』からコチラ

f:id:wrx-sti:20210414183137j:plain

 を製作中。

f:id:wrx-sti:20210414183125j:plain

ここまで組みましたが、フェイスが若干気になるので修正を入れるかも?

会社のいろんな事情で春休みが2回ある都合、ガンプラも進めていきたいと思います。
明日は久しぶりにドライブに出るので、そのレポートかな?