せっかくのお休みなので

火曜日は有給休暇でお休みでしたので、久しぶりにドライブがてらに宇都宮まで映画を観に行きました。パワステのトラブルが発覚してからはお出かけは控えていましたし、昨今のコロナ情勢も良くありませんので、お出かけ自粛が続いていて結構ストレスが溜まっております。今回はパワステ修理後に高速道路を走っておりませんでしたので、その確認も兼ねてドライブしました。

f:id:wrx-sti:20201125020135j:image

北関東道出流原PAでチョット休憩。天気は生憎の雨でしたが久しぶりのドライブは楽しかった反面、ポカミスもあったのでそこは反省点。それにしてもHKSスーパーターボマフラーは回すと良い音と良好な加速性能でついつい回したくなっちゃいます(^^;;

さて、1時間ちょっとのドライブで目的地のMOVIX宇都宮に到着。今日はコチラ

f:id:wrx-sti:20201125020145j:image


「蒼穹のファフナー THE BEYOND」第七話、第八話、第九話 PV

を観てきました。まだ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』も公開していますので、どちらを観ようか悩みましたし、時間をずらして両方観るって方法もあったんですが『ファフナー』は期間限定で『ヴァイオレット』の方はまだ観るチャンスがあるのし、両方いっぺんに観て脳みそ整理できるだけの能力は無いので、今回は『ファフナー』を。前回からのモヤモヤもありますし・・・。とりあえずチケット発券とパンフレット購入後は上映時間ギリギリまで車内で待機。コロナ対策で劇場ロビーも座れる場所が少ないですから。

さて、待ちに待った『ファフナー』、その感想です。

正直、前回のラストがあまりにもショッキングで、今回のサブタイトルがどれも不安を掻き立てるような題名でしたから「この先どうなるんだろう」と不安でしたが、その不安が少しだけですが晴れたのが良かったですね。新しいザルヴァートルモデルで存在と否定の両方の力を持つ圧倒的な「マークアルス」の誕生、悲しみと憎しみを乗り越えて行こうとする人々、そして新たなる希望として新生するマークニヒト。特に今回は前作で多くの命が奪われた後だけに悲しみが前面に出てきますが、その後に「喪失よりも遺した物の素晴らしさ」を説くシーンは涙が溢れてきました。ああ、人の意思や思いはこうして紡がれいくのだと。奪われるだけが全てでは無い、遺された物も確かにあって人はそれを糧にして生きていくのだと。そして愛する人を奪われた真壁司令の「憎しみは何も解決しない」と言う毅然とした意思。ああ、この人の心はギリギリのところで踏み止まって折れなかったんだと思ったら、またしても涙が溢れてきてどうしようもなかったです。それに対してマリス達ベノン軍の面々は「困難を目前にして恐れをなして逃げた」とも取れました。それはそれで一つの選択ではあるけど、安易に逃げ道を求めているようにも・・・。ラストでようやく敵が島を追跡し戦術を読む方法が判明し、ここから反撃開始ってところで今回は終了。ああ、次が待ち遠しい!

新しいOPテーマ「叫べ」も良かったです。

ともかくもファフナーシリーズの最新章である「THE BETOND」の着地点が少しは見えてきたかな?

久しぶりに映画館で観る作品としては良いセレクトが出来ました。まあ『ヴァイオレット』も上映中になんとか観に行きたいなぁ。来月は『FGO』の劇場版


主演・宮野真守&主題歌・坂本真綾 『劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-前編Wandering; Agateram』本予告映像

が公開されますし、1月は


『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』本予告(60秒)

コチラが公開されますので、毎月映画館に通うようになるのかしら。

コロナ情勢もあって、お出かけには躊躇する昨今ですが、映画は心の栄養素なのでこうも新作が続くのは嬉しいですね。