HGUC RX-78-4 「ガンダム4号機」

8月1発目のブログはガンプラレビューです。もう随分前に完成していましたが、中々書けなかったHGUCの「ガンダム4号機」。プレミアムバンダイ限定で、現在第3次の予約受付中。

f:id:wrx-sti:20200802164156j:plain

初出は「MSV」のプロトタイプ・ガンダムの解説書に存在の記載があり、SDクラブ誌における「M-MSV」で大河原邦夫氏がデザインを公表していました。PS2ゲーム『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』においてサブストリーとしてプレイできる外伝「宇宙、閃光の果てに・・・」に登場することに合わせてカトキハジメ氏がリファインしています。この外伝はPS3の『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』でもプレイ可能ですので、結構知っている人は多いでしょう。ゲーム中では「G04(ジーゼロフォー)」というコールサインで呼ばれていました。

f:id:wrx-sti:20200802164207j:plain

背面です。ガンダム4号機はRX-78のセカンドロットにあたり、当初はRGM-79「ジム」の開発用テスト機として運用されましたが、連邦軍の反攻が本格化しジムの生産も軌道に乗った所で、ジャブロー工廠からオーガスタ工廠へ引き渡され宇宙戦闘専用の改修が行われました。改修では制御系の更新、出力の強化、推進系の強化、稼働時間の延長、整備性の改善が行われており、機体外観がそれまでのRX-78と異なる以上に内部構造も大きく変更が加えられ、コアブロックシステムを廃止して浮いたスペースを出力系冷却システムのレイアウト変更に活かして出力をアップされています。ほぼ同じ仕様で5号機も改修されていますが、4号機は出力を強化して強力なビーム兵器がドライブ可能な中長距離戦を重視した仕様で、5号機は中近距離戦を重視し出力系は安定型の仕様となっていました。

f:id:wrx-sti:20200802164230j:plain

武装はハイパー・ビムライフル。RX-78-2/3が使用したビームライフルより出力が20%向上しており、冷却システムも改善しています。ただ、出力が上がった分、冷却やリチャージに時間が掛かったのも事実で、そのジレンマがEパック方式を生み出す事になりました。

f:id:wrx-sti:20200802164241j:plain

サブウェポンとして、腕部にはビームガンも装備。ただ、あまり使い勝手の良い武装ではなかった(ビームガンを使用するとビームライフルへのエネルギー供給が難しくなる)様で、後発の機体では実体弾火器に置き換えられています。この他に近接白兵戦用にビームサーベルと近接防御用に60ミリバルカン砲を装備。

f:id:wrx-sti:20200802164254j:plain

肩部にはマウントラッチがあり、スラスターとプロペラントタンクを組み合わせた増加装甲を組み付けた「Bst」と呼ばれる仕様にする事が可能でした。この仕様は運動性・機動性とも向上します。

f:id:wrx-sti:20200802164309j:plain

RX-78-4Bstの背面。4号機の特徴的武装が背部にマウントしている「メガ・ビームランチャー」で、当時の連邦軍MS火器としては最強レベルの攻撃力を持っていました。ただし、ドライブには本体の出力系だけでは電力の供給が不足で、サブの出力系を外装パーツとしてマウントしています。破壊力は絶大でしたが、出力系の調整は最後まで完了せず悲惨な事故を引き起こすことになりました。が、それは後に。

f:id:wrx-sti:20200802164320j:plain

「ロングレンジからの狙撃」というコンセプトはその後も発展は続け、百式のメガ・バズーカ・ランチャーやΖガンダムのメガ・ビームランチャー、FAZZのハイパー・メガビームランチャーなどへ受け継がれる事になります。


機動戦士ガンダムサイドストーリーズ 宇宙、閃光の果てに・・・ 全ムービー集

んで、ゲーム動画をここまで紹介しなかったのは4号機に起きた「悲惨な事故」がネタバレになってしまうから。動画の通り、4号機は敵艦隊を壊滅させる為にメガ・ビームランチャーを使用。結果は調整不足の出力系が暴走して大破、パイロットが死亡する事故となりました。ただし、PS2版では「IF」のストーリーがあり、4号機が奇跡的に大破せず最終決戦のア・バオア・クー攻防戦に参加する展開もあります。

f:id:wrx-sti:20200802164332j:plain

その時の仕様がこちら。ただ、この「4号機生存ルート」もPS2版では結構な「罠」ルートだったりしました(主人公が戦死するパターンがあった)。

4号機と5号機は「ツインズ」と呼ばれていて、双方が連携して戦闘を行うよう構想されています。5号機の方はキットが発売になったら紹介ですね。プレミアムバンダイ限定のRX-80「ペイル・ライダー」でほぼほぼ5号機の武装パーツが出ているんで、それほど遠くない時期に発売になるでしょう。

RX-78ガンダム」についてはコチラの本がオススメです。

4号機・5号機の活躍を描いたコミックと小説はコチラ。

 キットの方は先行して発売されたガンダム6号機「マドロック」の構造を踏襲していますので、結構サクサクと組み立てられます。色分けもほぼ完璧なのであまり手間はありませんでした。シールで再現する部分は一部気に入らない所がありましたので、そこは使っていません。スラスターや冷却ダクトにはガンダムマーカーを使用しました。じっくり組み上げるなら、フェイス部分を改修して少し強面にすると良いかもしれません。

さて、ガンプラの進捗ですがコチラ

f:id:wrx-sti:20200802164343j:plain

は完成。現在コチラ

f:id:wrx-sti:20200802164353j:plain

を製作中。

へ?「なんでジオンだとキワモノやイロモノにしか行かないのか?」って??

ジオンにはロマンが必要だからですよw