RG ユニコーンガンダム

連投のガンプラレビューです。今日はRGのRX-0「ユニコーンガンダム」。『機動戦士ガンダムUC』の主役MSで物語進行の上でも重要な役回りとして印象的なMSでした。

f:id:wrx-sti:20200617145650j:plain

いわゆる「変身前」状態のユニコーンモード。この無機質な感じも結構好きです。表情が無い様に見えて、劇中では印象的な演出もあってデストロイモードとは異なる個性を絶妙に出していました。HGUC版では単なるパネルラインだった部分にサイコフレームが覗く事で、劇中の雰囲気を上手く出しています。

f:id:wrx-sti:20200617145747j:plain


RX-0 ユニコーンガンダム 初出撃 【ガンダムUC RE:0096】

炎の中での起動シーンは『SEED』以来、公開当時は最早お約束状態でした。コホン、実はこのユニコーンモード、RGでは装甲が干渉してあんまり動きません。特に足首が動かないので接地性はイマイチな状態です。ただ、デストロイモードに比べたらポロリするパーツが少ないので、その辺りは安心でした。

f:id:wrx-sti:20200617145717j:plain

キットはユニコーンガンダム標準のハイパーバズーカとビームマグナムが装備されています。本当は第3章から登場したビームガトリングガン


[lowquality]機動戦士ガンダムUC -パラオ攻略戦-

も欲しいところですが、これはウエポンパーツで買うかHGUCから転用するしか無いかなぁ。ビームサーベルも劇中通り4本ありますが、ビーム刀身が2つしか無いので四刀同時使用状態にはできません。まあ、劇中でもそんなトンデモな使い方はしていませんが・・・。

f:id:wrx-sti:20200617145704j:plain

ランドセルにもウエポンラッチがあってビームマグナムかハイパーバズーカが懸架可能。シールドも1基セットされていますが、これも2つ欲しかったなぁ。もう少し状況が良くなったらアキバにバラ部品買いに行こうかな。

f:id:wrx-sti:20200617145733j:plain

HGUC版(左側)との比較。変身ギミックがあるためか、全高がHGUC版に比べて高いです。まあ、これはアレンジの方向性の違いで、どっちが正解と言う訳ではありません。サクッと組んでガシガシ遊ぶならHGUC版は今でも遜色の無いキット。「模型としての質感や情報量」と言うならRGの方に軍配が上がりますけど、それ以外の点ではHGUC版も負けていません。

f:id:wrx-sti:20200617145610j:plain

RGユニコーンの最大の特徴がデストロイモードへの「変身」。頭部は一部差し替えになりますが、それ以外は外装がスライドして完全変形します。組んでた時は胴体の組み方を間違えてエライ目に会いました。ラメとか吹いておくと発光状態の再現には良いかもしれません。

f:id:wrx-sti:20200617145639j:plain

f:id:wrx-sti:20200617145630j:plain

デストロイモードでは圧倒的な存在感を放つ様になります。ただし、このモードはRGの悪癖であるポロリも多発するので、細かいパーツは可動をチェックしつつ接着した方が良いでしょう。また頭部以外は差し替え無しで変形しますが、実際にデストロイモードへ変身させる時は一旦各部を取り外して作業した方が楽でした。

f:id:wrx-sti:20200617145621j:plain

HGUC版(左側)との比較。全高はほぼ同じなのでRGはデストロイモードが基準で構成されているのが分かります。プロポーションは完全にアレンジの差で、このモードもガシガシ動かすならHGUC版の方が気兼ねなく遊べました。とは言っても、HGUC版もパーツが細かいのでポロリすることが多く、細かいパーツやリアスカートのバーニアは接着をお勧めします。劇中初期のイメージがHGUC版で中盤以降のイメージならRGの方かな。カトキハジメ氏の描くデザインに準ずるならRGの方がイメージを良く捉えています。HGUC版はアニメ設定寄りな感じ。どっちも間違いでは無いし、どっちも正解なのでアレンジの好きな方を選べば良いでしょう。

キットは箱を開けた時こそパーツ量に圧倒されますが、思った以上にサクサクと工作できました。気になる所もなかったのでストレートに組んでいます。ゲート跡も最小になる様に工夫されているので、デザインナイフと細かめのペーパーヤスリがあれば綺麗に消せました。スミ入れはガンダムマーカーの流し込みタイプを使用。サイコフレームにスミ入れするか悩みましたが、発光状態をイメージしたかったのであえてスミ入れはしていません。バンシィならオレンジかゴールドでスミ入れするかも?これも発光状態再現ならやらないかも。組み立てに苦労しないと書きましたが、一つだけ注意点を。それは

組んだ部位は必ず変形できるかチェックしておくこと

です。組み立てが間違っていないかどうかのチェックもさることながら、プラ同士の摩擦で変形部分が上手く可動しない事もあるので、可動部の慣らしの意味も含めて部位ごとに組み上がった段階で変形チェックをしておいた方が、後になって「あっ!」ってミスを最小限で留めおくことができました。ギミック確認にもなりますし、それはそれで楽しかったです。

さて、最近はRGを組むのが楽しくなってきているので、次にRGを組む時はコチラ

 になる予定。フルバーニアントールギスνガンダムも組みたいから悩むなぁ(^^;;

それにしても『機動戦士ガンダムUC』は今観ても本当に面白い作品。


機動戦士ガンダムUC RE:0096 OP


epiosde1-6ダイジェスト 100秒でわかる!機動戦士ガンダムUC [HD] [PlayStation®Store]

各配信サービスで観ることができますので未見の方はぜひ。賛否はあると思いますが、今の時代に「宇宙世紀ガンダム」を描くのなら、一つの可能性だと思います。

ユニコーンガンダムについてはコチラの本がオススメ。

 外伝にあたる『機動戦士ガンダムNT


【MAD】機動戦士ガンダムNT /Vigilante

も併せて観ると『UC』の世界観が楽しめます。サンライズ公式では「NEXT100』として『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ


『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』トレーラー


ハサウェイがイケメンに!機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ - 特報映像1


【アニメ】 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』特報映像2

の後として『機動戦士ガンダムUC2』の構想も発表されているので、ソチラも楽しみ♪まあ『ハサウェイ』の方はコロナ事情で公開が延期になりましたが・・・。

さて、晩ご飯食べたらまた『ガンダムUC』の第7章を観ようかな?またマリーダ散華のシーンで泣いちゃうんだろうなぁ・・・。


機動戦士ガンダムUC episode 7 プロモーション映像02 [HD] [PlayStation®Store]

ガンプラの方はしばらく宇宙世紀系を作る予定です。次のレビューは

f:id:wrx-sti:20200614224249j:plain

「宇宙、閃光の果てに」

になります。