RG トールギス EW版

完成はしていましたが、ようやく記事にできます。

f:id:wrx-sti:20191026125138j:plain

RG「トールギス EW版」。RG独自の細かいデカールはあんまり好きではないので、貼っていません。

 主人公ヒイロ・ユイのライバルであるゼクス・マーキスの機体で、OP映像でも圧倒的な力を見せつけた印象的なMSでした。


GUNDAM W op

RG版はコミック『敗者たちの栄光』

 で、登場するガンダム5機のデザインがOVA版『エンドレスワルツ』に登場したカトキハジメ氏のデザインに準拠しており、トールギスもリファンがされて『エンドレスワルツ』版となっています。細かな部分ですが、フェイスの位置やスーパーバーニアのマウント方法、一部の塗装が違うのがTV版との相違点。

f:id:wrx-sti:20191026125113j:plain

さらにRG独自の解釈として、スーパーバーニアの展開方式に追加があり、MG版と比べてバーニアがさらに1基づつ追加されております。「むりやり飛ばしてる」感と「どんだけ加速する気なんだよ」感満載♪でも、これこそがトールギスアイデンティティーであり、孤高の存在として際立たせていました。「とにかく強い」「めちゃくちゃ速い」「ガンダムの様でガンダムじゃない」「敵に勝つためなら操縦者の生命なんて知ったことか」という独特な立ち位置が好きで、自分の中ではΖの次に好きなMSです。

f:id:wrx-sti:20191026125119j:plain

トールギスを飾るなら、アクションベースは必須。とにかくカッコイイ♪

f:id:wrx-sti:20191026125100j:plain

トールギスといえばのドーバーガン。RGでも構えさせられますがMGほどの自由度は無く、カッコイイポーズはちょっと決めにくいのが難点。

f:id:wrx-sti:20191026125057j:plain

可動指はありませんが、表情豊かなハンドパーツが豊富でいろいろポーズを決めさせられます。

f:id:wrx-sti:20191026125126j:plain

関節の可動範囲も良好でいろいろ決めポーズ取らせてもポロリとかはありません。腰の背面にロック機構や股間にスライド機構があるので、アクションベースと組み合わせると劇中のポーズも再現可能。

f:id:wrx-sti:20191026125145j:plain

背面にスーパーバーニアがありますが、ちゃんと自立します。

f:id:wrx-sti:20191026125107j:plain

とにかく、カッコええのぉ。

f:id:wrx-sti:20191026125053j:plain

ビームサーベル用の握り手もトールギスらしい「あざとい握り方」がカッコよさを際立たせます。可動指にこだわらず、ハンドパーツを増やした構成になっているのがデザイン的にもスッキリしていて、他のRGに時々ありがちな「変な違和感」を払拭していました。

f:id:wrx-sti:20191026125133j:plain

頭部はフェイスを外せば当然「リーオーと同じ頭部」が内部にあります。フェイスのカメラアイは付属のシールは使わず、クリアパーツの裏側をガンダムマーカーの「ガンダムライトブルー」で塗装しました。この方がクリア感がでると同時に奥行き感も出て良いと思います。製作途中で頭部の無い状態をSNSに写真を上げたら、友人から「初登場シーンはデュラハン(西洋の怪談にある首の無い騎士の亡霊)みたいでしたね」って返されたんですが、僕にとって最近のデュラハンと言えば


【このすば】お怒りのベルディア

を思い出しちゃうので、ちょっと思考から追い出すのが大変でした(^^;;

コホンさて、キットの方はRGでも新しい方なのでかなり組みやすくなっています。Ζあたりだと途中で心が折れたり(同時に組み間違えて分解途中のタボが折れる音も)するんですが、トールギスは最初こそランナーの数に圧倒されますが「え?もうここまで来ちゃったの?!」とびっくりするくらいサクサクと進みました。RG名物(迷物?)のアドバンスドジョイントもランナーに成形されているのは最小限で、基本的に「フレームを組み上げていく」方式に変更されていて、あの辛い「動きが渋いアドバンスドジョイントを慣らす作業」から解放されている点も素晴らしいポイント。成形色もグロスとつや消しのパーツ構成が素晴らしく、一定の技術があればカッコイイトールギスが組める配慮がされています。Ζ以来、ちょっと腰が引けていたRGの組み立てがトールギスで楽しく思えてきました。

f:id:wrx-sti:20191026125050j:plain

やっぱり好きなMSです。搭乗するゼクスのキャラクターと相まって、今でもメカとしてのキャラの立ち方が素晴らしいと思える機体。製作中は作業用BGMで『新機動戦記ガンダムW』のオリジナルサウンドトラックをかけていたんですが


新機動戦記ガンダムW 【OST】 ゼクスが来る/大谷幸

がかかった時はテンション上がりました。この曲、劇中では部分的にしか使われてないんですが、こうやって一つの曲にすると超カッコイイ曲で好きな劇伴曲の一つです。

キットの方は文句無しの出来で、作ってて楽しくなりました。欲を言うならコミック版に出てきたランス「テンペスト」もつけてくれたら良かったんだけど・・・。

さて、次のRGもほぼ完成寸前で止まっていますので、今日・明日で仕上げていきます。