サードブースト!(大失敗)

今日は愛媛からグンマーまでの復路、小牧まで移動しました。

愛媛の実家を出たのは9時半過ぎ。まずは病院に寄って、祖母と会ってから出発したので、実質的な出発時間は10時20分くらいです。

国道56号線から見た実家の風景。今度見るのは年末の連休ですね。故郷にしばしの別れを告げて、復路の中継ポイントである小牧を目指します。西予市の西予宇和ICから松山道に乗り、そこからは高速道路をひた走って瀬戸大橋へ。往路では鳴門大橋の方を使って、神戸で酷い目に遭いましたので、復路は手堅く瀬戸大橋から山陽道に乗って大阪を目指します。
途中の石鎚SAで昼食。

大洲市のご当地ラーメン「肱川ラーメン」をいただきました。味は・・・まあ、SAのフードコートですので、それなり。いつか本場の肱川ラーメンを食べてみたいです。八幡浜チャンポンも。
瀬戸大橋を過ぎて本州上陸後すぐにある鴻池SAで休憩を取り、倉敷JC手前で突発的な雨もありましたが、山陽道に乗る頃には雨も上がってここまでは順調でした。
ところがどっこい
最短ルートで割り出した山陽道ルートが、兵庫県に入ってから連続の工事規制渋滞で1時間以上のロス。ここまで遅れると、当然宝塚トンネルで「お約束」の渋滞、そして豊中から吹田JCまでも「お約束」の渋滞でさらにロス。宝塚からの渋滞は織り込み済みでしたが、まさかの山陽道の大渋滞が痛かったです。これなら多少の時間的ロスは目をつぶってでも中国道ルートを取った方が良かったのかなぁ。まあ、そう言うのは「後のカーニバルだよっ!」ってヤツで、結果論でしか無いんですが・・・。納得いかないのは、赤穂辺りの渋滞は明らかに工事後の片付け段取りが悪かったと思われる点。ほとんど止まるようなノロノロ渋滞で工事付近を通り過ぎたら、もう工事なんてやってなくて規制のパイロン出しっぱなしなんだもん!
まあ、ボヤいてもしかたありませんね。
ともかく、渋滞を抜けてからは極力ロスを無くす方向で走り続けました。しかし、渋滞の影響と距離的に復路全体の3分の2くらいは走った結果、燃料が厳しくなってきたので多賀SAで給油。あとは心配していた米原JCと尾張一宮JCの渋滞も無く、巡行で小牧まで走行してホテルに到着。
 
愛媛から小牧までの走行距離と平均燃費。渋滞を考えるなら、まあこんな感じでしょう。
それにしても、トラックの運転が危なくてマジで怖かった・・・。名神走っている時、トラック3台とバス1台がスリップストリームくらい車間の無い状態、しかも猛スピードで追い越し車線を通り過ぎた時は
「危ないからどっか行ってくれ!」
って本気で思いましたもん。スピード出しすぎだし、レーンチェンジはひっくり返るんじゃないかって思うくらい急で、車体がグラグラロールしてるのが目で見て分かるくらい危なかったです。全体に車間距離を取らないクルマが多かったように思えました。
さて、明日はグンマーまで。道路事情を見てからルートを決めようと思います。