それはもうあっさりと

秋も深まり、だんだんと寒くなってきました。皆様、くれぐれも体調には気をつけてください。僕は少し風邪気味です・・・。
さて、今日仕事が終わって帰宅しようかという時に一番下の弟から電話。パーキンソン病を患っている祖母の事もあるので「何事だろう?」と不安な気持ちで電話を取ると・・・
「兄貴、クルマ決めたから。フォレスターのX-BREAK。」
へ?と一瞬思考停止。あれ?まだちょっと先って言ってなかったけ??などと思いつつ、とりあえず今は帰宅途中なので帰ったら電話すると伝えて一旦電話を切り、夕食の食材を買ってから帰宅。とりあえず話が長くなりそうだから、先に夕食を済ませてから弟に電話しました。
彼は今日が休みだったので、四国スバルの宇和島店に行って実際にフォレスターを見に行ったそうです。展示車がX-BREAKだったので、しげしげと見た後に試乗をしてみようと思ったら生憎宇和島店には試乗車がない!・・・はずだったんですが、社員の方で現行フォレスターに乗っている方がいて、その方のフォレスターを借りて試乗ついでに実家まで行って実際に駐車場に停めれるかどうかをチェック。
感じた大きさほど大変ではなかった
そうで、これが決め手になりフォレスターに決めたそうです。そこからは即断即決、あれよあれよと言う間に仕様やらオプションやらが決まり成約になったとの事。クルマに関して即断即決はどうも血筋みたいで、僕も真ん中の弟もクルマ選びは指名買い即決でしたからねぇ。ちなみに僕が推したXVは「ちょっと車高の高いインプレッサにしか見えん」という事であえなく落選。う〜ん、試乗車があればなぁ・・・。まあ、この「感覚」は人それぞれですので、彼の使い方を考えればフォレスターがベストだと思います。
ところで、このX-BREAK君、結構標準装備がしっかりしているのが特徴。

スバル自慢の安全装備「アイサイト」は当然標準、撥水加工されたシートは電動式でシートヒーター付き、フォレスターシリーズのみが装備の高い走破性を誇る「X-MODE」、インパネにはカーボン調のモールドが付き、あると微妙に「格好良さ」が違うルーフレールも標準、革巻きのステアリングやシートのステッチはオレンジってのも「洒落て」ます。クリアビューパックも標準ですしねぇ(VABはオプション)。これにプラスしてメーカーオプションの「アドバンスセーフティパッケージ」も導入したとの事。
なんだか兄弟の中で一番「安全・安心」なクルマを選んだような気がするなぁ。弟自身も
「これで進撃してくる巨人から逃げられる♪」

なんて冗談を言っておりました。う〜ん、VABやBRZは逃げられんかもしれん・・・。これで
長男はセダン(WRX-STIEJ20
次男はクーペ(BRZ・FA20)
三男はSUVフォレスター・FB20)
とデザインとエンジンが全く異なるクルマになることに。インプレッサの時には3人とも同じ「ハッチバック」だったんですけど、クルマが新しくなれば、それぞれの人生がクルマの方向性にも影響を与えますので、これはこれで良い事だと思います。
「クルマはその人の人生の写し鏡」って何かの本で読んだような・・・。
兄弟それぞれの歩んでいる「道」を写しているようで、なんだか不思議です。
ちなみに色はダークグレーメタリックとの事で「なんでイメージカラーのオレンジにしなかったの?」って聞いたら「あんな恥ずかしい色に乗れるか!」と一蹴されました。僕はオレンジ全然良いと思うんだけどなぁ。納車は来年になりそうで、計画ではまたGWにVABで帰省しようかと考えていますから、上手く3台揃えばスバルのショートドラマCMみたいなドラマッチックな「兄弟で乗り比べ」ができるかも?

あ、下の弟はMTダメだった・・・(^^;;