ストラットタワーバーを取り外しました

前々から効果に疑問があった、ストラットタワーバーを外してみました。
GRBを購入したころは、GDBに比べてはっきりしないフロントの「しっかり感」が欲しくて、補強の意味もあってすぐに取り付けをしたのですが、スーパー筋金君をつけたりハイグリップタイヤに換えたあたりから思った程の効果はなくなり、その後に入れたメンバー筋金君のほうが仕事をキッチリしている感がありました。
で、この前オイルクーラーを取り付けた際にマウントを兼ねた補強が入り、ますますその効果が疑問に思えてきたストラットタワーバーを、今回、思い切って外してみました。で、その結果は・・・
あっても無くても関係ないじゃん。
他の補強の方がしっかり仕事をしている事もありますが、素直な感想は「これって必要があったのか?」っていうのが本音のトコロ。GDBの頃のダイレクト感が欲しくて、アレコレ考えて進めてきましたが、結論としては
GRBもタワーバーは必要ないなぁ
ってのが僕の結論です。じゃあフロントの希薄感は何処にあったのか?その疑問はC型でのマイナーチェンジでサスペンション周りの剛性アップという形でスバルが結論を出しています。
ああ、ブッシュやマウントだったんだなぁ、あのフニャフニャ感は・・・。
もちろん、GDBの時の様なしっかり感・ダイレクト感は未だGR/GV系にはありません。でも、商品としてのコンセプトや方向性の違うクルマにソレを求めるというのは無茶な話です。GDBGDBの良さがあり、GR/GV系にはGDBに無い良さがあるのだから、その良さを引き出すようにしてやれば良いと思います。言い換えるなら、人それぞれの好みに合った塩加減で様々に変化できる、奥行きと許容幅を持つのがGR/GV系なのでしょう。
ちょっと話が逸れました。
GR/GV系の補強の方向性としては、下側でねじれを押さえるだけで、純正タイヤなら十分な強度が得られるというのが、この3年から得た結論かな?ハイグリップタイヤに交換するなら、できれば側面も。やっぱりGDBのサブフレームって偉大だったんですね〜。ってことは某メーカー系チューニングパーツの「フレキシブルなんたら」って効果があるんだろうか?力がかかってねじれるところをたわませてどーすんだろう?まあ、補強に対する考え方は人それぞれですからねぇ。僕は固めるんならガッチリした方が好みですね。
GR/GV系のボディワークがどんだけ凄いかは下記URLをご参考ください。
http://cs-marche.com/htms/engineering/GRB_men_suzi/GRB_men_suzi_page1.htm
メーカーって考えてんだな〜と感心させられます。と同時に弄る余地があるところにチューニングの奥深さを感じさせられます。
あと、僕の使っていたストラットタワーバーにはブレーキマスターシリンダーストッパーがついていたのですが、取り外してみた結果は「無くてもあんまり変らんなぁ」。多少、マスターバックが動いている感じはありますが、ペダルタッチに違和感はありませんでした。まあ、ストッパーについては、フルブレーキングじゃないと効果がない程度にしか押さえてなかったのは事実だけど。
この辺も含めて、日曜の夜に再度テストしようと思います。
とりあえず首都高辺りを流してみるかなぁ。