まずまずの合格点かな?

お山の下り側休憩所にて

昨日はオフ会で、お山に練習に来れませんでしたので、今日行ってきました。メインはオフ会のツーリングでもトライしたブレーキングとシフトダウンが上手く出来るかの検証。それと、明日が有休というのはありますが、今後日曜日に練習に行っても時間的に大丈夫か?というトライも兼ねてます。
いつも通り関越を走って月夜野で降りてお山へ。日曜日の上り車線ということもあって案外空いてましたので、猿ヶ京から先は一気にアタックモード。SIドライブはS#へ。まずは昨日のツーリングでもトライしたブレーキングとシフトダウンの有効活用ですが、これはまずまず。最初の内はブレーキングに手こずりましたが、幾つかこなしている内に、コーナー手前にしっかりブレーキングし、コーナーに合わせてシフトダウンしてコーナーをクリアすることができました。特にコーナー⇒橋⇒コーナーという路面の変るいやらしいコーナーでもクルマを踊らさず、トラクションの抜けも無しにクリアできたのはまあ、今日始めてのトライとしては合格点でしょう。ただ、2速を使っているときにレブリミットに当たっている時はあんまりいい気分じゃないですね。トンネルまではアタックし、トンネルでクールダウン、トンネル出口のチェーン脱着場でユーターンし、今度はダウンヒル。ただし、上り8割なら下りは6割くらいのイメージで走行。次の日が月曜ということもあり、新潟からのトラックも多いので、上りのような訳には行きません。
途中の休憩所で小休憩し、2回目の上りアタック。今回、初めてDCCDのオートモードをマイナスにしてアタック。すると
うひょ〜フロント入ってく〜!
コーナーをアクセルオンで曲がっていけます。コーナーリングスピードが速くなり、はっきり言ってチョット怖かったです、ハイ。過重のかかっている状態で軽くブレーキングしてやると簡単にリアが流れてドリフトします。まあ、これはリアの減衰が一段硬かったせいもあるみたいです。やはりGRBはリアが勝ちすぎるシャーシのなので、リアは柔らかめのセットにして充分にストロークさせるのがベストなのでしょう。硬いと跳ねるんでしょうね。それとフロントタイヤにキャンバーもつけてあるのでフロントを軸に回っているというのもあるようです。でも、これまで難しかった複合コーナーも物ともしないで走ることが出来ました。次回はこのDCCDのセットでリアの減衰を一段下げて走ってみます。
僕自身の集中力と路面温度が下がってきたこともあって、アタックは上り2回下り1回、2回目の下りは巡航で終了。一応、通常の日曜日を想定したトライも兼ねてますので、ここまでとしました。
帰り道の関越ではDCCDをオートのプラスにセット。これが
おや、結構イイ感じ
結構気持ちよくトラクションがかかり、運転しやすかったですね。高速巡航の時はこのセットかな。
結論として、日曜日も夕方早目ならアタックして余裕で帰ってこれることが判明。つまり
日曜日も練習できる
という訳で後は僕の財布がガソリン代に耐え切れれば土日で練習可能というのが分かりまいしたので、練習回数は増えそうです。
何だかんだと峠は楽しいな〜♪