RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン

さて、本日は2連投です。ガンプラレビュー「RG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン」。『機動戦士ガンダムUC』にてリディ・マーセナスがクライマックスで搭乗したユニコーンタイプのMSでした。バンシィはその2号機になります。

f:id:wrx-sti:20210613200819j:plain


www.youtube.com


www.youtube.com

バンシィの初登場は『ガンダムUC』第4巻「重力の井戸の底で」のラスト、大型MAシャンブロで暴走するロニを止められなかった事で失意の中にいるバナージと、シャンブロを撃破しユニコーンを捕縛しようとするリディの前に上空から降下しつつデストロイモードへ変形するというセンセーショナルなシーンでした。

『UC』第4巻は連邦・ジオン双方ともMSVのオンパレードな内容ですので、未見の方はぜひ。世の中『ハサウェイ』上映と同時に『UC』ディスってる人達が吹き上がっていますが、僕は両方とも好きなので『UC』も推していきます。

ちなみに1号機はラプラスプログラムやデストロイモードに稼働時間制限のリミッターがかけられていますが、2号機バンシィはその両方ともなくデストロイモードでの稼働制限がないので操縦するパイロットの生命があるかぎり戦闘可能な、まさに「ニュータイプを殺すハンティングマシーン」。基本的には強化人間専用で最初のパイロットは「プル・トゥエルブ」ことマリーダ・クルスでしたが、その後に改修を受けてリディが搭乗する事になります。ちなみに例えパイロットが死亡してもその意識がサイコフレームに残っていれば残留思念だけで動き続けることが出来るってヤバさは『UC』の後日談となる『機動戦士ガンダムNT』でも描かれていました。

コホン、それではキット紹介。基本的には素組み、一部パーツはスミ入れ、ゲート跡はガンダムマーカーでレタッチしました。

まずは正面。

f:id:wrx-sti:20210613201029j:plain

ユニコーンモードの正面では1号機との差異は頭部のアンテナのみになります。

f:id:wrx-sti:20210613201001j:plain

背面。バックパックに追加されたアームドアーマーXCが1号機と異なる点。ニュータイプとしての能力ではバナージに見劣りするリディの為にサイコフレームを増設して機体との親和性を強化してあります。AMBACの作動肢としても使えるので、ユニコーンモードでの運動性も強化されました。

f:id:wrx-sti:20210613200926j:plain

更に背面にはアームドアーマーDEを装備。バックパックに装着してシールドブースターとしても使用可能。シールド先端にはハイメガキャノンも装備されています。

f:id:wrx-sti:20210613200942j:plain

f:id:wrx-sti:20210613200829j:plain

この装備方法だとキットの方は自立が不可能でした。アクションベースは必須となります。

f:id:wrx-sti:20210613200909j:plain

f:id:wrx-sti:20210613200842j:plain

武装は1号機と同じくビームマグナムですが、火力強化のためにリボルビングランチャーを増設。補助火器として幾つかの弾頭とビームジュッテが装備可能でした。キットの方はビームジュッテの方はパーツ差し替えで再現となります。

続いてデストロイモード。

f:id:wrx-sti:20210613200804j:plain

背部のアームドアーマーXCが展開して獅子の立髪の様な姿に。写真は股関節のサイコフレームが展開していません(ごめんなさい!)が、当然展開可能です。

f:id:wrx-sti:20210613200753j:plain

赤いカメラアイもあって、劇中では禍々しさというか狂気というか、EXAM以来の「対ニュータイプ戦専用機」としての雰囲気がバンシィのキャラを立たせていました。カッコいいんですけどね。

f:id:wrx-sti:20210613200729j:plain

デストロイモードの背面。基本的には1号機と同じですが、やはり展開したアームドアーマーXCが目立ちキャラが立つようになっていました。ちなみにこのXCは単なる追加サイコフレームとしてだけではなく、AMBACの作動肢としての機能もあります。キットの方は1号機だとビームサーベルユニットが接続されている部分なので、重量の都合上若干グラグラしました。気になる方は軸に瞬間接着剤を塗って軸を太くしても良いですが、それをやるとユニコーンモード⇔デストロイモードの変身がちょっとしんどくなるので、ほどほどが良いかと。

f:id:wrx-sti:20210613200550j:plain

アームドアーマーDEも展開すると内部のサイコフレームが露出するようになります。劇中で1号機はシールドをファンネルの様に使ったり、『NT』ではDEを2基装備した3号機フェネクスもファンネルの様に使っていましたが、バンシィではそのような使われ方はしていません。まあ、ニュータイプとしての能力が劣っていた為とされていますし、ネオ・ジオングとの最終決戦時にはDEを除装して通常のシールドに戻していたのでそういう使い方をしなかったのですが、そこから後にリディの「覚醒」がある点がバンシィの魅力でもあります。

f:id:wrx-sti:20210613200719j:plain

1号機ユニコーンガンダムとの比較。あ、しまった、これ両方とも股関節のサイコフレームを展開し忘れている(ごめんなさい!!)。こうやって見ると、バンシィの派手さとシンプルであるが故にキャラが立っているユニコーンの差異が興味深いですね。

キットの組み立てはRGとは言えユニコーンも2機目なので、それほどストレスなく組み立てられました。ユニコーンと違ってバンシィは全身の多くが濃いブルーなので細かい部分のスミ入れをしなくて良い点も楽ですね。注意点としてはユニコーンの時にも書きましたし、RGのキット全体に言える事ですが、アドバンスドジョイントが非常に硬いので、馴染ませる為にグリグリと動かす必要があること。今回、肩関節の馴染ませ作業が少なかった為、肩関節がかなり硬い状態で完成させてしまいました。後でバラして馴染ませ作業をもう1回やらないと。この作業、正直手が痛くなるんですが、これをやらないと本当に動かない状態&他のパーツを壊してしまう事になるので必須の作業です。あと、RGは各部位が組み上がったら必ず可動確認とギミック確認を行ってください。これを怠ると組み上がった後に「あれ?この余ったパーツなんだっけ??」とか「なんでギミックが動かないのかなぁ???」なんて事になります。部品が細かくポロリも多いので必要なら干渉確認や他のギミックに影響がないか確認した上で接着しても良いでしょう。今回は頭部のアンテナ部分のカバーについては接着しました。

劇中、バンシィとリディの立ち位置はあまり良いものではありません。最終章では「真のヒロイン」とも言うべきマリーダを殺すわけですし・・・。ですが、その展開は小説版『機動戦士ガンダム』で描かれた展開のオマージュとして涙なしには見れません。小説版『ガンダム

では戦闘中にシャアの呼びかけに応じて停戦しようと動きを止めたアムロガンダムをルロイ・ギリアム中尉のリックドムがビームバスーカで狙撃し撃墜しちゃうんです。アムロは戦死し、その意識は拡散して様々な人々の元へ行く(当然自分を殺したルロイに対してもアムロは責めたりせず優しく「君は兵士としてやるべき事をやったんだ」と声をかけます)んですが、その後に停戦が成立して母艦へ帰還中にルロイがリックドムコクピットの中で泣きながら言う

「俺は取り返しのつかない事をしてしまった」

は凄くリディとオーバーラップするんですよね。福井さんはそう言う部分が本当に上手いんだよなぁ。

機動戦士ガンダムUC』の主人公はバナージ・リンクスという少年であり、主役メカはユニコーンガンダムですが、一方の主人公としてリディ・マーセナスバンシィ・ノルンも重要な立ち位置にあるので、僕は『UC』の物語を追いかけるうちにバナージよりリディの方が好きになりました。

ラスト、コロニーレーザーを受け止めるシーンで真の覚醒を果たすリディとバンシィ。そのシーンを思い出しながら組み立てると感慨もひとしおです。

ラプラス宣言後のリディの後日談についてはブルーレイ特典の小説をコミカライズしたコチラ

がありますので『UC』ファンなら一読をお勧めします。 

さて、次はコチラ

となります。RG二連投!って大丈夫か?まあ、ゆるっとやりましょう(^^;; 

 

劇場版「シドニアの騎士 あいつむぐほし」

今日は2部構成で。この後にガンプラのレビューも書きます。

水曜日は有給休暇だったので劇場版の『シドニアの騎士 あいつむぐほし』を観てきました。

f:id:wrx-sti:20210613151018j:plain

f:id:wrx-sti:20210613151030j:plain

弐瓶勉氏原作『シドニアの騎士』のアニメ版としての完結編。『シドニアの騎士

 の原作自体はすでに完結しており、アニメの方は途中で終わっていたので、この劇場版で完結となります。

結末は一応原作読んで知っているので、コロナ禍という事もあって観に行くのはどうなのかなぁって思っていたんですが、折角の休暇で何にもしないってのもどうかと思い、平日なら空いてるだろうと考えて前日に予約。その日最初の上映時間がお昼前だったので、ゆっくり起きてからでも十分間に合いました。

f:id:wrx-sti:20210613151051j:plain

いつも通り、宇都宮のMOVIXを予約したので北関東道を使って移動。

f:id:wrx-sti:20210613151039j:plain

お昼は壬生のPAで早めにお蕎麦。壬生蕎麦は美味しかったですねぇ。

さて、映画の方の感想を。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

シドニアの騎士』てどんな話なの?ってのは上の動画を見ていただくとして、本劇場版では原作コミックの中でも結構な量を2時間という枠に収めているので、当然物語の中で主軸となる部分以外は大幅にカットされていました。恒星レムの内惑星系への強行偵察の話や、問題児市ヶ谷テルル登場、仄シリーズの末妹がガウナに取り込まれる話などのエピソードはざっくりとカット。あくまで主人公谷風長道とヒロイン(人間じゃないけど)白羽衣つむぎとのエピソードに的を絞って展開するので、原作ファンには少し・・・って言うかかなり物足りない部分はあります。テルルなんて登場はワンカットだけですし。まあ、テルルの声はドラマCD同様に田村ゆかりさんが演じていたので、そこは嬉しかったなぁ。ただ、テルルはつむぎと同じく「人間じゃないのにまるで人間の様に友情を育んでいく」エピソードもあり、つむぎのキャラクターを深掘りしていく点で重要なキャラだったので、できれば完全版もしくはディレクターズカット版が出る時はテルルのエピソードも追加して欲しい。それくらいテルルってキャラが立っているので勿体ない感じはしました。

戦闘シーンや日常の描写などのCGを使った作画は流石に手慣れてきており、劇場版の大スクリーンということもあって迫力の映像です。戦闘シーンはデブリの散乱シーンも含めて非常に細かく作画されていました。ただ、原作ほどシドニアが派手にぶっ壊れないんですけどね。

ラストエピソードまで一気に走り切る感じで進んでいくんですが、そこには違和感は感じません。スピード感のある演出も良かったと思います。谷風と岐神が和解して共に出撃するシーンは胸熱な展開でした。angelaの名曲「シドニア」もかかりますしね。

カットされた部分も含めて残念な点としてはエンドロールの後に絶対入れて欲しかった「谷風長閑の戦い」のシーンがなかったこと。これはエンドロールの後「え?」ってなった部分。「シドニアの騎士」としての物語は完結しても、シドニアの世界観では物語は紡がれていくっていう原作でも印象的なシーンだったので、そこをカットしたのは勿体なかったなぁ。これも「完全版」なり「ディレクターズカット版」なりでは入れて欲しいシーン。

いくつかは物足りない部分はありましたが、大筋である「長道とつむぎの物語」としてはきちんとまとまっていたので、その点では良い内容の映画でした。

少し毒を吐くと映画は良かったんですが、観ている人間の方のマナーはあんまり良くなかったですね。一つ向こうの席に座っていた奴は上映ギリギリまでスマホをいじっており、聞こえるくらいボソッと「スマホうざい」って僕が言うまでスマホの明かりがチラついていて少しイラつきました。エンドロール中にもスマホをいじり始めていて正直ゲンナリ。そんなにスマホが大事なら映画を観に来るなよって思います。

まあ、そんな事もありましたが、映画は楽しめたので良い有給休暇でした。

さて、一休みしたらガンプラレビューを書きます。

お休みなのでのんびり深夜ドライブ

今日は有給休暇でお休みでしたので、夕方くらいまではマッタリとゲームをしていたんですが、そればっかりだと折角の休みも勿体ないので、ちょいと深夜のドライブをしてきました。

f:id:wrx-sti:20210602233517j:plain

特に行き先とかは決めず、気分であちこちとルートを変えながらのドライブ。途中で寄った道の駅で買った安いコーヒーとお気に入りの音楽を聴きながらのまったりドライブです。当初は市内を抜けて伊勢崎くらいまで出たところで国道17号に移って埼玉方面へ。流れに任せて熊谷の端っこくらいまで来たところで少し悩んで引き返すルートへ。久しぶりに利根川を越えましたが、結構あちこち変わっていてビックリでしたね。

それにしても、こういう静かな夜の時間帯でのドライブをすると、やはりスピーカーをソニックデザインに変えて良かったなぁって思います。本当に静かな空間で音が澄んで聴こえるので、楽しく適度にリラックスして運転できました。これは自分で選んで良かったなぁ。

昔はよくアテのないブラブラドライブを結構やっていたんですが、いつの間にか億劫になって引きこもりがちになっています。まあ、コロナ禍って事もあるんですが、極力車外に出ないように心がけてボッチでドライブする分には良い気分転換になるので、たまにはこういう時間を作りたいなぁ。

さて、少し走りながら気がついたのはエンジンオイルがそろそろ交換時期になっている事。今日の夜は結構涼しかったのに油温はやや上昇気味で油圧も下がってきているので、ボチボチ交換ですね。とりあえず、月末の26日にディーラーへ半年点検に出した後、マルシェに持ち込んでオイル交換を予約しました。その日と次の日はマルシェのエンドレスフェアなんですが、サカモステ店長に「大丈夫?」って聞いたらOKをもらいましたので、点検が終わったらその足でマルシェに行く予定です。先日書いたミラーのトラブルはどうやらメカ的な部分ではなく、どうも電気系が怪しい感じ。とりあえず26日にディーラーで診てもらう予定ですので、そこまでは様子見。まあ、それ以外は調子は良い方なので、あとはパワステのポンプですね。

ともかくも良い気分転換になりました。さて、昨日届いたコチラ

f:id:wrx-sti:20210602233543j:plain

f:id:wrx-sti:20210602233552j:plain


www.youtube.com

と『聖女』と『スーパーカブ』を観ながらマッタリしますか。

まさかのトラブルとメンテナンス計画

ああ、もう5月終わりですね・・・。本当はもうちょっと書きたいネタもあったんですが、脳みその中で整理している間に時間が過ぎてしまいました・・・。モタモタしていると「旬」を逃してしまうので、来週には整理して書きたいなぁ。まあ、本ネタですけど。

さて、先週の日曜日は天気も良かったので「愛は全くないサクッと洗車」を。

f:id:wrx-sti:20210530234154j:plain

とは言えども少しは丁寧に拭き取りとかしたら、案の定今週は雨が多かったですねぇ。例年より早い梅雨入りっぽいですが、まあそんな事は関係なく僕が洗車したらその数日後には確実に雨が降りますので洗車好きな方はご注意を。

今週は久しぶりの6連勤という事もあって、体力的にはセーブしていたんですが、最後の土曜日は結構疲れが出ていました。

f:id:wrx-sti:20210530234237j:plain

もうヘロヘロでボーッとエアコンで涼んていたら会社の駐車場にはほとんど人がいないという・・・。まあ、忙しいですけど充実した日々です。あまりにヘロヘロでしたので、今日実施予定だった部屋の片付けは中止して休養優先。一方でガンプラが止まっていたり、ゲームの進行も遅々としていますが、それはまたそれとして。本の方も思い切って買った物や好きな作品の新刊が続々と届いておりますので、そちらの消化も忙しい(^^;;

f:id:wrx-sti:20210530234226j:plain

 と連続着弾。『スーパーカブ』のコミカライズ最新刊は買い忘れていたので慌てて注文した物です。『HGに恋するふたり』と『薬屋のひとりごと』は近いうちに真面目にレビューを書こうと色々文章を練っている最中。特に『薬屋』は次に絶対来ると思っているんですよねぇ。


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

あと、勢いに任せてコチラも電子書籍でまとめて購入して読んでる最中。

 コホン、まあ本の話は置いておいて。

さて、先日宇都宮までドライブした時「もうほぼ自分の理想に近い状態になった」と書いたVABですが、ここにきて経年劣化と思われるトラブルも出てきました。まあ、買ってそろそろ7年ですし、酷使もしているし、そも「A型」だし・・・な割には他のオーナーさんが書くようなトラブルとは無縁だった僕の愛機にも経年劣化の波が押し寄せてきております。ブッシュ類のギシギシ音も少しづつですが大きくなってきていますし、今日はついに左側のドアミラーが格納されないというトラブルも発生。どうやら中の樹脂製ギアが摩耗しているっぽいのと、先日うっかりスイッチ近くに零したコーラのせいで接点が汚れたのかちょっと原因がわからないで、6月末の6ヶ月点検でディーラーにて診てもらう事になりました。ミラー内の樹脂製ギアは「もしうっかり人と当たっても怪我を最低限にする仕組み」なので、これをダメだって言うのはちょっと筋が違うと思うんですが、結構この辺りのトラブルがVA系に見られるって事は中の部品がコストギリギリの強度しかないのかな?海外製かもしれないし。「日本製」って書いてあっても中の部品全てが日本製な訳はグローバル化している昨今の世の中ではあり得ませんし。とりあえずドアミラーの件は何度かスイッチを操作すると動くのでしばし様子見。

ただ、今年の夏はタイヤを新品に替えるのとアライメントの調整、懸念事項だったパワステポンプをリビルド品に交換する計画なので、ミラー交換となるとちょっと痛い追加出費になりそう。6ヶ月点検では2年ぶりにエンジンオイルラインの洗浄するスラッジナイザー施工をする予定でしたし、エンジンオイルもそろそろ劣化が始まってきたので交換する予定だったので、プラスでこれは痛いなぁ。

まあ、今のところは「長く楽しく乗り続ける」つもりなので、多少のメンテナンス出費は致し方ないところだと考えています。

冬には3回目の車検が控えていますが、それと合わせて「先取りメンテナンス」としてエンジンマウントとピッチングストッパー、それにミッションマウントを新品に交換しようか検討中。とは言っても、スバル純正の新品への交換。純正以外もありますが、正直純正が結構しっかりしているので、そこまではいらないかなぁ。VABになってマウント類は改良されているっぽいので。オイルクーラーはまだ正直悩んでいます。購入するメーカーは決まっているので主に予算面ですが・・・。やはりコロナ禍や昨今の半導体不足が仕事に影響していて、収入が下がった時の「いざという予算」はある程度確保しておきたいので。とは言っても、サーキット走行をする身としてはエンジン保護の為にオイルクーラーはやはり欲しいし、さてさて。

内装系のパーツの樹脂が擦れている部分なんかは全然気にしていないんですが、あんまり酷くなったらカーボン調のカバーで誤魔化そう。シートはそう遠くない時期にメンテナンスかなぁ。

そんな事を考えていても次期WRX-STI次第ではコロッと方針を変えるかもしれません。

f:id:wrx-sti:20210530234204j:plain

色々考えてはいますが、先の事は分からないので、とりあえず焼きそば食べて

f:id:wrx-sti:20210530234248j:plain

台湾パイナップル食べて元気出します。

 

 

 

久しぶりにちょっとお出かけ

今週末は土日連休です。コロナ禍の中もあり、色々考えはしましたが、そろそろお出かけ我慢のストレスも限界に達していたので、公開になっている映画を観に宇都宮までドライブしてきました。

f:id:wrx-sti:20210516211540j:plain

久しぶりに往復で100キロを超える距離を走っています。宇都宮まではいつも通り北関東道大田桐生ICから東北道を経て再び北関東道を走り、宇都宮上三川までのドライブ。映画はレイトショーを予約したので、どこかで夕食を食べる事も考えましたが、途中の壬生PA付近を通過したのが19時半を回っていたので、昨今の事情ならPAの食堂は営業していないか、もしくは終業ギリギリの時間帯だったので夕食は帰宅したから取りました。

休憩は出流原PAでのみ。

f:id:wrx-sti:20210516211550j:plain

いつも買うミル挽きコーヒーのモカがいつの間にか値上げしています・・・。ちょっとショック。流れ自体は良かったので、大体予想通りの時間帯に宇都宮のMOVIXに到着しました。

こちらの映画を鑑賞です。

f:id:wrx-sti:20210516211531j:plain

f:id:wrx-sti:20210516211523j:plain


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com

『劇場版Fate GrandOrder 神聖円卓領域キャメロット』の後編です。公開初日と言う事もあって、レイトショーでも結構人がいましたね。さて、この『神聖円卓領域キャメロット』はスマホゲーム『Fate GrandOrder』の第1部第6章にあたり『Fate』シリーズの生みの親の一人でもある奈須きのこ氏が自らシナリオを執筆したいわば『Fate/Stay night』のアフターストーリー的な部分を色濃く残す内容。アーサー王の最後と聖剣エクスカリバーの行方、円卓の騎士の後悔やベディビエールの苦悩など、奈須氏独自の解釈で描かれる物語は本当に面白く、最後の最後まで「何が起こるか?」とワクワクさせてもらいました。まあ、前編の時にも書きましたが、ゲームの方の第1部第6章はめちゃくちゃしんどく、雑魚キャラですら倒すのが大変でしたが、おかげで戦い方も勉強になり、その後の第2部で結構良いペースで進められるようになっています。後は主力どころの育成があの頃よりは進んでいる事も大きいでしょう。コホン、映画の方も大変面白い内容で、ゲームの方をプレイされた方には振り返りになるし、ゲームをやられていない方も『Fate』の物語が好きなら全然問題なく楽しめると思います。特に湖の騎士ランスロットとマシュの「親子喧嘩」は面白かったなぁ。あと、ダビンチを密かに助けていたランスロットを見るマシュとフォウくんの「コイツ、クズだな」ってジト目も笑えた。視点を変えるなら、今作は円卓の騎士それぞれの物語とも取れ、悪役であるはずのアグラヴェインですら彼は彼なりの信念を持って事を成そうとしている点も重要なポイントです。ラストは本当に良かった。そして帰宅してから知ったビッグニュース!


www.youtube.com

第1部最終章『終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』の公開も決定!バビロニアのラストでこの最終章もアニメとして描かれる事がほぼ分かってはいましたが、これは嬉しい!!

さて、じっくりと映画を楽しんだ後はすぐに帰路へ。もちろん、劇場を出る際には手指の消毒、車内でも出発前に手指をアルコールティッシュで除菌しています。

帰りも順調で0時前には無事帰着。

f:id:wrx-sti:20210516211512j:plain

久しぶりのちょっとしたドライブでしたが、ある程度の時間を乗ってみると自分の運転しやすいVABにはほぼ仕上がったかなぁって感じました。ガチサーキットからは一歩引いた感じにはなりましたが長距離でも疲れない足回り、コントロール性と制動性が抜群のブレーキ、必要十分なワンポイントの補強、適度に快適な音としっかり仕事をしてくれるマフラー、身体を適度にホールドしてくれるしっかりとしたシート、オイル関係も良いものを使っているので、ほぼ自分にとっては「理想」な形になっていると思います。後はエンジン保護を考えてオイルクーラーとターボのピックアップをもう少し良くしたいのでブーストコントローラー、それとタービン保護にメタル触媒かなぁ。とりあえず、今年の夏はタイヤとパワステポンプに予算が行っちゃうし、年末は車検なので、その辺りは先々の話になります。余力があれば今年の冬にはオイルクーラーは入れたいなぁ。

ともかく、久しぶりのドライブは映画と共に楽しめました。5月末には『閃光のハサウェイ


www.youtube.com

6月初旬のは『劇場版シドニアの騎士


www.youtube.com

と続くので、そちらも楽しみにしています。

まん延防止措置が群馬県でも今日から発令となり、中々お出かけって訳には行かなくなりましたが、県内で外に出る時間を極力少なくする方向ならドライブも大丈夫かな?

さて、バンシィの続きを進めます。

断捨離とガンプラな第2春休み

思った以上に長期になった第2春休みも今日で最終日です。諸々問題がなければ明日から出勤。いやぁ、休んでいると日数が減るのも早いなぁ(^^;;

ただ、やりたいと思っていた事は少し捗りました。まずは部屋の整理。

f:id:wrx-sti:20210509164804j:plain

売れる物は極力売って処分しています。本も読まなくなった物は100冊くらい売ったかなぁ。でも、まだまだあるので、時間を見つつ引き続き整理ですね。コロナ禍とは言え、部屋に籠ってばかりでは運動不足にもなりますし、心身も不調になるので時間を見てはウォーキングも積極的に。

f:id:wrx-sti:20210509164946j:plain

葉桜も良いですねぇ。

f:id:wrx-sti:20210509164642j:plain

花もきれい。

f:id:wrx-sti:20210509164933j:plain

中国製のウォーキングシューズ。履き心地は・・・まあまあですね。歩く分には不満はありません。むしろ疲れませんので大満足。クルマの運転だと幅広すぎるので使い難いですけど。

愛媛の実家から新玉ねぎが送られてきたので、生ワカメと和えてサラダを作ったりもしました。

f:id:wrx-sti:20210509164912j:plain

これは結構美味しかったなぁ。まだ1個あるので鰹のタタキとかガーリックライスに使おう。あと、ちょっと贅沢して台湾パイナップルも買って食べております。

f:id:wrx-sti:20210509164901j:plain

フィリピン産とは違う独特の甘味。芯まで柔らかくて食べられるのもビックリ。

金曜日には洗車したんですが、その日のうちに雨・・・。まあ、いつもの事かぁ。給油した後に、会社の後輩がBRZのエアロを一新したので、それを見にマルシェへ。

f:id:wrx-sti:20210509164726j:plain

f:id:wrx-sti:20210509164703j:plain

f:id:wrx-sti:20210509164652j:plain

f:id:wrx-sti:20210509164715j:plain

f:id:wrx-sti:20210509164739j:plain

VARISのフルエアロだそうで・・・。空力的効果はさておいて、見た目はカッコイイですねぇ。ただし、コンビニの車輪止めには確実に当たるなぁ。楽しく会話したり、僕のVABを試乗してもらっている間にあっという間に夕方になっておりました。もちろん、マスク着用、手指のアルコール消毒、適切な距離での会話に努めております。

部屋の整理は大切ですが、そればかりではつまらないので読書も。

f:id:wrx-sti:20210509164750j:plain

原作小説でもコミカライズ版でも良いので、アニメから入った人は読んどいた方が良いですよ〜。物語に奥行きができて、更に面白くなりますから。まあ、今季の中では1番のアタリかな。元々「来る」って思ってましたし。


www.youtube.com


www.youtube.com

主人公の小熊を演じる夜道雪さんのチャンネルも合わせて見ると更に面白いのでオススメ。やはり「実際に乗っている」からこその演技が素晴らしいです。

そんな事をしつつ、もちろんガンプラも進行しておりました。

f:id:wrx-sti:20210509165005j:plain

今回はこれ。

ユニコーンガンダムは2機目ですね。相変わらず「めちゃくちゃ硬い」アドバンスドMSジョイントと格闘しながらの作業。手が痛い・・・。ただ、これをやらないと「ジョイントが硬過ぎて変身や可動ができない」なんてことになるので、ジョイントをグリグリ動かして慣らす作業は絶対にやったほうが良いです。あと、組んだら必ずギミックチェックをする事。これも必須。

んで、ちょこちょこと進めてきました。

f:id:wrx-sti:20210509164831j:plain

この辺りまで来ると後は割とサクサクいけます。

f:id:wrx-sti:20210509164842j:plain

とにかく硬いジョイントで手が痛い・・・。

f:id:wrx-sti:20210509164633j:plain

f:id:wrx-sti:20210509164627j:plain

昨日の段階でここまで完成。後はバックパック武装だけなので、来週にはレビューが書けるかな?あ、でも映画の公開もあるので、そっちが先になるかも??
 ともかくも、ある程度はやりたい事もできたし、後は休みの日でできる範囲をボツボツとやりましょうか。

んじゃあ、お風呂入って

f:id:wrx-sti:20210509164817j:plain

これの続きを観ながら、ご飯を食べよう。

HGAC ガンダムヘビーアームズ

昨日の予告通りガンプラレビューです。今回は『新機動戦記ガンダムW』より、主人公チームの一人、トロワ・バートンが搭乗した「ガンダムヘビーアームズ」。

f:id:wrx-sti:20210501160909j:plain

ちなみにトロワのテーマ曲と言えばコチラ


www.youtube.com

「返り血と火薬の匂いの中」ですね。本編第13話「キャスリンの涙」で、この曲がかかりながらサーカスのテントから攻撃を仕掛けるシーンは当時鳥肌ものでした。「火力前面の MS」なら本来はガンキャノン的な立ち位置になるんですが、そうはならずちゃんと主役も張れる演出がされるのも『ガンダムW』の魅力。ともかく登場すれば圧倒的な砲弾とミサイルの嵐で敵側を圧倒しています。物語後半になると、敵側の新兵器モビルドールの持つ防御フィールド発生機で火力不足が目立つようになり、更なる火力強化と宇宙での機動性向上を図った「ガンダムヘビーアームズ改」に改修されました。劇場版『エンドレスワルツ』では更に火力強化してますね(^^;;

コホン、それではキットの方を。まずは正面。

f:id:wrx-sti:20210501161105j:plain

プロポーション的には設定画ではなく、放送当時の作画での劇中イメージをよく捉えています。一見細身に見えますが、結構なマッチョ体型。細マッチョって奴かな?

背面。

f:id:wrx-sti:20210501161116j:plain

バックパックにはビームガトリングを懸下できるマウントラッチがあります。

f:id:wrx-sti:20210501161034j:plain

胸部のガトリング砲は差し替えなしで展開可能。しかし、このガトリング砲の真下にコクピットがあるというオソロシ設定でした。ガトリング砲の排煙用ダクトはキットではシール再現でしたが、イマイチな感じでしたのでガンダムマーカーを使って部分塗装しています。

f:id:wrx-sti:20210501161005j:plain

f:id:wrx-sti:20210501160953j:plain

両肩のホーミングミサイルと脚部のマイクロミサイルも差し替えなしで展開可能。劇中の「撃って撃って撃ちまくる」シーンも再現可能。

f:id:wrx-sti:20210501161022j:plain

劇中で「ここぞ」という時に何故か弾切れになりやすいビームガトリング。キットの方は砲身の回転ギミックこそありませんが、優秀な保持力の関節とガトリング自体の軽量化によって、劇中のポーズはほぼほぼすんなり決まりました。

f:id:wrx-sti:20210501160935j:plain

基本的に単機の火力だけで要塞クラスの基地ですら制圧可能なヘビーアームズですが、弾薬が全て尽きた時や懐に飛び込まれた時の「切り札」となるのが右腕に仕込まれたアーミーナイフ。ただし、あくまで緊急用の武器ですので、できれば格闘戦の得意な機体とツーマンセルで行動した方が良い戦術でしょう。実際、カトルのサンドロックと連携するシーンも多かったです。

さて、組み立てていて最初に気になったのが「フェイス、こんなに幅広だったっけ?」でした。

f:id:wrx-sti:20210501161242j:plain

これもいわゆる『エンドレスワルツ』版があるが故の「思い出補正」なので、気にならないっちゃあ気にならないんですが、少しだけ修正をかけています。

f:id:wrx-sti:20210501161306j:plain

両頬の赤いマーカーで塗った部分を少し削って修正をかけていました。

f:id:wrx-sti:20210501160926j:plain

あんまり変わんないかな。もう少しフェイスが奥に入るような加工をすれば、よりイケメンになると思いますが、それはヘルメットの延長など結構な手術になりますから、本格的にやりたい人以外はもう少し頬と顎を削るだけで小顔化できるので、そちらをお勧めします。

かくも『W』のガンダム系フェイスは難しい・・・。エピオンとか更に難しそう。

ゲームに時間を取られてしまい、制作ペースは悪かったですが、基本的には組みやすいお手本のようなキット。ストレスなくサクッと組み上げられました。HGACでは基本フレームは共通なので、どれか1体組み上げたら他のHGACキットも基本構成は大体同じ作業ですからサクサク行けると思います。ただ「これHGUCなら別パーツだよなぁ」って部分も散見され、ちょっとそこが残念な部分。特に胸部のダクトや膝のスラスターは別パーツにして欲しかったですけど・・・。まあ、そこは今回ガンダムマーカーを使って部分塗装してみました。はみ出た部分はデザインナイフを軽く当てるだけで処理できますし、今回は新兵器も投入。

それがコチラ。

f:id:wrx-sti:20210501161217j:plain

「フィニッシュマスターR」。

スミ入れやデカール貼りなどの仕上げ用ツールで、先端が平坦で尖っているので綿棒やティッシュを使うよりも拭き取りが全然楽です。

例えばこんなはみ出しも

f:id:wrx-sti:20210501161138j:plain

フィニッシュマスターの芯にガンダムマーカーの消しペンの液を湿らせて拭き取れば・・・

f:id:wrx-sti:20210501161151j:plain

こんな感じになります。もう少し丁寧に拭き取ればスミ入れ仕上げ完了。綿棒やティッシュだと大きい窪みに入ったりして残したい部分も拭き取ったりしていたんですが、これは凄く便利なツール。しかも先端部分は洗えば何度も使えるので、コストパフォーマンスも良好。僕みたいな素組み派から本格仕上げ派まで結構幅広く使えるでしょう。お値段も500円以下ですので、是非是非お試しください。

f:id:wrx-sti:20210501160916j:plain

胸部ガトリング砲のダクト、膝下のスラスターとダクト穴を部分塗装しました。

やなりシールよりも部分的でも塗装した方が映えますね。

さて、GW連休初日だけど『GW』なネタでしたが、次は宇宙世紀に戻ってこちら

 に行きます。すでに開封済み。久しぶりのRGですが、コイツはスミ入れの手間がないんで少し気楽かなぁ。同型機のユニコーンを先に組んでるし。この後はRG3連発で行く予定ですが、さて?

気分的にHGACに戻るかもしれませんねぇ〜。




 

近況報告など

あっという間に4月も終わりですね。いやぁ、もうちょっと書けるかと思ったんだけどなぁ。

f:id:wrx-sti:20210430205625j:plain

この前、久しぶりに外食してきました。山岡家のラーメンですが美味しかったです。

さて、会社の方が諸事情で休業状態ですので、ほとんどが部屋にこもってゲーム三昧でした。

とは言ってもソシャゲのFGO(フェイト・グランドオーダー)ですが。


www.youtube.com

ロシア攻略後、イベント消化や少し他のゲームに注力していた事もあってメインストーリー攻略がおそろかになっていましたが、気合を入れて第2部第2章北欧異聞帯を攻略!

f:id:wrx-sti:20210430205815j:plain

んでその勢いで中国異聞帯に突入!


www.youtube.com

んでもって、結構苦戦する曲面もありましたが、かなりの勢いで突き進んで第2章攻略から2日後には中国異聞帯もクリア!

f:id:wrx-sti:20210430205725j:plain

ボス戦以外は割とサクッと進めた感じです。ウチのカルデアも人材がそれなりに揃ったってことかな?

なんて思っていたら、案外と苦戦した第2部第3章のインド異聞帯。


www.youtube.com

やはりバーサーカー戦はキツい・・・。ただ、第1部の頃と戦い方を変えてからは割とサクサクと進んでおります。そんなこんなありましたが、インド異聞帯もクリア!

f:id:wrx-sti:20210430205555j:plain

んで、現在はこちら


www.youtube.com

f:id:wrx-sti:20210430205539j:plain

第2部第5章のアトランティス編をプレイしつつ、イベントのこちらも


www.youtube.com

プレイ中。まあ、メインはイベントの方にシフトしていますが。

f:id:wrx-sti:20210430205525j:plain

とりあえずエッちゃんは正式加入。現在育成中です。強化クエストも順調に進めて

f:id:wrx-sti:20210430205649j:plain

f:id:wrx-sti:20210430205639j:plain

ジャンヌと下乳上の強化は完了。これで使い勝手が良くなりました。主戦力の二人なんで結構今回のバージョンアップは助かりましたね。

後は少しづつですが部屋の整理を進めています。まあ、冷静になって考えてみたら「これだけのガンプラとかプラモデル、一生かかっても作れないんじゃね?」と思ったら、頭が冷えたのでどう考えても作れそうにないやつから順に整理を始めました。

f:id:wrx-sti:20210430205516j:plain

とりあえず段ボール2箱分を処分。とは言っても、今回処分したのは、ほとんど大物のマスターグレードばかりでしたので、中の数は少ないかも。引き続いて結構な数を処分すると思います。「あれ持ってません?!」って思っている方、早めに声をかけていただければお答えできるかも?

さて、そんなこんなな春休みですが、新刊も届いているのでそちらも読んでおります。

f:id:wrx-sti:20210430205611j:plain

f:id:wrx-sti:20210430205441j:plain

「リボンの武者」と「人形の国」の最新刊。「武者」はこれにて完結でした。「武者」については、あとで振り返った上で感想を書きたいと思っています。ただ、ガルパン最終章の最新話を見逃しているので、観てると観てないでは感じ方が変わってくるかな?まだ近隣で上映している映画館があれば観に行こうかなぁ。

ただ、部屋に篭りっぱなしは運動不足にもなりますし、精神面でも良く無いので、人の少ない時間帯を狙ってウォーキングもやってます。今日は少し距離を伸ばして近所の工業地帯まで。

f:id:wrx-sti:20210430205428j:plain

結構な強風でしたけど、歩いていたらあっという間に時間でしたね。

f:id:wrx-sti:20210430205413j:plain

鉄塔見てると「シン・エヴァ」思い出すなぁ。

ガンプラの方も少しづつ進めてヘビーアームズがようやく完成。

f:id:wrx-sti:20210430230739j:plain

レビューは明日書きます。新しい道具を使ったり、部分的な塗装もやってますので、その辺りも書いていく予定。こちらも次が決まっていますので、サクサク進めないと。

片付けやったりゲームやったりガンプラ作ったりの春休みです。

本も少しづつでも整理しないと。

久しぶりにGDBに乗りました

「第1春休み」も後半に突入。来週の水曜日からは5日間ほど出勤の予定なので、少しづづでも体調を仕事モードに整えようとしてはいるんですが・・・何故か上手くいきませんね(^^;;

籠ってばかりでは心身に良くないので、昨日はお出かけ。久しぶりにこのクルマ

f:id:wrx-sti:20210416175411j:plain

でドライブしてきました。はい、久しぶりの後輩KのGDBスペCですね。かねてより「一度運転してみてほしい」というお願いもされていましたので、お互いヒマなこの時期にやってみようという事に。もちろん、感染対策はきちんとして車内でもマスク着用です。

高速道路に乗ってから、最初のPAでドライバーチェンジして運転させてもらいました。クラッチがHKSのLAシングルという事でクラッチミートは若干戸惑いましたが、同じHKSのLAツインほどミートポイントが狭い訳ではないので、その辺りはすぐに慣れています。高速に合流して一番最初に困ったのが

今、何速だっけ?

いやぁ、もうすっかりVABに慣れてしまってシフトインジケーターを見るクセが付いているので、咄嗟に何速に入っているかわからなくなっておりました。Kには「堕落しましたね」と冷たく言われて冷や汗をかきながらの運転でしたが、さすがはチューンドのGDB、トルクがあって高速のクルージングも楽でしたね。足回りがHKSのハイパーマックスIIIマルシェスペシャルなので、足回りからのフィーリングでは慣れたENDLESSと違って若干戸惑いましたが、操舵の反応も良く車の軽さも感じられ運転していて楽しかったです。

しばらく走ってPAで早めの夕食。

f:id:wrx-sti:20210416175420j:plain

1年以上ぶりにここのお蕎麦食べた〜〜〜。やっぱり美味しい♪

食後は小休憩中にエンジンルームを見させてもらっていました。

f:id:wrx-sti:20210416175428j:plain

怪しさ満載のマルシェスペックエンジン。排気量はゲフンゲフンなアップをしているので、インタークーラーは前置き。代わりにラジエーター前にあったオイルクーラーがエンジンルーム内に移設されています。ユーザー本人の腕もあってFSW2分切りのハイパワーエンジン。排気量アップしていますが、いわゆるEJ25へのスワップではなく、EJ207のブロッックを使ってシリンダースリーブ&ハイパワー対応ピストンに入れ替えての排気量アップ。この方がエンジンの剛性を確保した上でパワーアップが出来ますが、味付けにはチューナーの「腕」「個性」が出ますね。

f:id:wrx-sti:20210416175437j:plain

純正の遮熱カバーに隠れる怪しげなでっかいタービン。排気量アップとタービン交換で400馬力近く出ているとの事・・・。これでも安全マージンをたっぷり取ってあるので、セッティングを詰めればまだパワーアップできる余地があるらしい。いやぁ、加速した時ちょっと怖かった(^^;;

そこからドライバーチェンジして次のPAまで。若干渋滞がありましたが、平日なのでさほどではありませんでした。そこでドライバーチェンジで再びハンドルを握ってしばし流します。

久しぶりのGDBはやっぱり車両としての「軽さ」が運転の楽しさに直結していましたね。操舵に対しても素直に反応するし、加速も気持ちいい。排気量アップの恩恵でトルクもあるので巡航からの加速も楽でした。ただ、大きいタービンの弊害で踏み込んでからの過給の立ち上がりが純正タービンより遅い感じ。この辺りはシフト操作も使って賢く走れば問題ありません。本人的にはこのタービンの前に使っていたGT-IIタービンの「てっぺんまで回る快感」が忘れられなくて、エンジンをもう少し高回転型にしたいらしいですが・・・。まあ、僕もGT-IIの時の快感は忘れられないけど、ある意味で踏ん切りがついているので、そこは求めてないからなぁ。まあ、高回転まで回るターボエンジンはめっちゃ楽しいですよ。

思った以上に混雑もあったので早めに撤収してグンマーへ。車内ではもちろんマスク着用&アルコール除菌ですが、楽しくおしゃべりして久しぶりに楽しい時間が過ごせました。それにしても、事あるごとに楽になったVABでの運転の話をすると「堕落しましたね」というツッコミは厳しかったなぁ。

今度は近いうちに僕のVABに乗ってもらって昨年オーバーホールした足回りの感想を聞く予定です。

それにしても、久しぶりのGDBは結構緊張しましたね。

HGAC ガンダムサンドロック

ガンプラレビューです。今日は『新機動戦記ガンダムW』より「ガンダムサンドロック」。

f:id:wrx-sti:20210414182556j:plain

地球に降下したガンダム5機の1機でコロニー社会でも大富豪であるウィナー家の御曹司カトル・ラバーバ・ウィナーが搭乗しました。カトルのテーマと言えば


www.youtube.com

「屍に埋もれた平和を探して」ですね。36機のマグアナック隊を率いての壮観な初登場でした。劇中では主人公機のウイングガンダムよりも活躍して、第17話「裏切りの遠き故郷」でデュオとトロワを宇宙に打ち上げる為に殿軍を務めて自爆。その際、残骸を密かにマグアナック隊が回収し再生され、第36話「王国崩壊」にて復活。その後は宇宙用の改修を受けた「ガンダムサンドロック改」となり、物語の最後まで活躍しています。第17話で自爆する際、死を覚悟を決めたカトルに「降りろ」と言わんばかりにシールドをコクピット前にかざしてハッチを開くシーンは涙ものでした。

サンドロックは5機のガンダムの中では近接白兵戦向けの機体ですが、指揮官機としての側面もあり、あの独特の頭部は各種通信システムや広範囲を索敵できるセンサーシステムを搭載している事も一因です。指揮官機であり、更にはコロニー経済界の重鎮の御曹司が乗る事もあって、装甲は5機のガンダムの中でもずば抜けており、某スパロボでは初期値ですが機動性ならνガンダム、装甲はマジンガーZ並みというバケモノレベルのスペック(ただし特性が地上なので宇宙での戦闘では改修するまで能力補正がかかり性能が低下する)で、ウイング系ではヒイロ以外だとトロワと並んでカトルのサンドロックも重宝しましたね。

コホン、ではキットの紹介を。まずは正面。

f:id:wrx-sti:20210414182737j:plain

プロポーション的には大河原邦夫氏が描いた設定画よりも劇中の作画のイメージに振ってあるので、かなりヒロイックな体型になっています。工作は基本的に素組みですが、ランナーのゲート跡の処理やシールではイマイチな部分はガンダムマーカーを使ってレタッチ&塗装しました。

背面。

f:id:wrx-sti:20210414182705j:plain

背中にはシールドがマウントできるようになっていて、劇中ではあんまり使わなかったクロスクラッシャーも再現可能。主武装のヒートショテールもマウントできます。

f:id:wrx-sti:20210414182725j:plain

顎のチンガードの張り出しのせいで面長に見えるフェイスですが、上手くまとまっていて結構なイケメン。ウイングガンダムよりもイケメンでした♪頭部のアンテナは先端を加工して若干細くしてあります。

f:id:wrx-sti:20210414182548j:plain

OP風のポーズ。こうやって見るとサンドロックって当時は全然思わなかったけどイケメンですよね。


www.youtube.com

キットの可動範囲は極めて良好で、劇中の印象的なポーズはほとんど取れました。

f:id:wrx-sti:20210414182638j:plain

ヒートショテールを振り下ろしたポーズもバッチリ決まります。

f:id:wrx-sti:20210414182624j:plain

腰の部分にはギャンでも採用されているフレームごと腰を持ち上げる構造が採用されているので、前に向かって大きく屈むポーズも問題なく取れました。

f:id:wrx-sti:20210414182616j:plain

思いっきり前に屈ませても一応自立します。

武装は二振りのヒートショテール。

f:id:wrx-sti:20210414182652j:plain

一応、近接防御用にバルカン砲が頭部にありますが、ほとんど使わなかったんじゃないかなぁ。胸の上部に誘導ミサイル用のランチャーがあり、それはたまに使っていたような・・・。

f:id:wrx-sti:20210414182524j:plain

ハンドパーツも豊富で、いわゆる「あざとい握り方」用のハンドパーツもあります。

f:id:wrx-sti:20210414182539j:plain

f:id:wrx-sti:20210414182532j:plain

刀身は赤熱化した状態をクリアパーツで再現していました。シールドは腕部に装着可能。劇中では目眩しの発光システムが装備されていて、そこはシールで再現されています。

組み立てそのものは難しくなく、作りやすい構成や考えられたランナー配置で色分けもほぼ完璧。サイドスカートのスラスターの内側など一部シール再現な部分はあり、ちょっと違和感があったのでガンダムマーカーを使って塗装しました。劇中だとカトルの生真面目なキャラやメンバーの支援役って立ち回りなので、地味な機体のイメージですが作ってみると案外とヒロイックな感じや良好な可動も含めて作っていて楽しかったです。フェイスがイケメンだったのは驚きでしたね。

ただ、作っていて失敗も・・・。最初に胴体から作り始めるのですが、胸部を組み上げる際に力を入れたら爪がパーツの薄い部分を押してしまって

f:id:wrx-sti:20210414182759j:plain

ウギャァーーー!orz

な状態に。最初はガンダムマーカーで誤魔化すだけにしようかとも考えましたが、それはそれで何だかなぁって思ったので、タミヤパテを使ってえぐれた部分を修正し、接着剤を使ったコーティングで乾燥を早めてからスティックヤスリとカミヤス

を駆使して整形し、ガンダムマーカーで塗装したのが下の写真。

f:id:wrx-sti:20210414182842j:plain

よく見たら、まだえぐれているんですが、とりあえず誤魔化せました(^^;;

皆様もパーツの取り扱いにはご注意ください。爪もこまめに切らなきゃ。

さて、引き続いても『ガンダムW』からコチラ

f:id:wrx-sti:20210414183137j:plain

 を製作中。

f:id:wrx-sti:20210414183125j:plain

ここまで組みましたが、フェイスが若干気になるので修正を入れるかも?

会社のいろんな事情で春休みが2回ある都合、ガンプラも進めていきたいと思います。
明日は久しぶりにドライブに出るので、そのレポートかな?